この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【dTV】-動画配信サービス-月額500円見放題のメリットとデメリット!

パイレーツオブカリビアン

 

ドコモの動画配信サービスdTVをご存知でしょうか。

月額500円(税抜)で12万本以上の動画が楽しめるサービス(一部有料もあり)でドコモを利用していない顧客でも利用できるのも特徴です。

今回はdTVのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

結論としては国内ドラマ、韓流ドラマ、TVアニメ、avexの音楽が好きな方にはおすすめできるサービスだと感じました。

国内会員数500万人以上の最大手なので、他の動画配信サービスと比較して自分の見たい番組があるかチェックしてみて下さい

 

dTVとは?

dTVはドコモとエイベックスの合弁会社が運営している動画配信サービスです。

動画コンテンツ本数も12万本以上、会員数500万人以上と他の動画配信サービスと比べてもトップクラスの内容です。

月額料金も500円(税抜)と手軽なこと、ドコモ会員以外でも視聴できることも会員増加につながっていると思われます。

私の個人的な意見を言わせていただくと、韓流ドラマと国内作品は見放題の物が多いです。

また、アニメやavex系列の音楽が好きな方にも見放題が多いのでメリットがあると感じます。

好きなジャンルが当てはまりそうな方は、見たい番組があるか検索して興味ある作品が見つかれば、31日間のお試し期間を利用して見てみるのも良いですよ。

 

dTVの特長

  • 月額料金 500円(税抜)
  • 動画本数 12万本以上、見放題(作品により一部有料あり)
  • 最初の31日間は無料で視聴。
  • 視聴端末は専用チューナー、dTV対応テレビ、スマホ、PC、タブレットで視聴可能。詳しい内容なこちらをご覧ください。
  • ダウンロードすればネット接続なしで視聴可能。

月額料金の安さに加え、端末にダウンロードすればネット環境を気にせず動画が見られるのはうれしいサービスです。

↓テレビを簡単操作で見るならこちら↓

dTVのメリット

ドラマ(国内、韓流)は見放題が多い

一番の魅力はドラマ(国内、韓流)の見放題が多いという事です。

国内ドラマ、韓流ドラマが好きな方は、見放題がほとんどなので楽しめると思います。

作品本数も国内ドラマ297本、韓流303本あるので見飽きることはないですね。

さすがに最新のドラマは有料ですが、それを考慮してもメリットは十分あると思います。

 

TVアニメも見放題が多い

アニメも見放題が多い印象です、「BORUTO」「ONE PICE」などの注目作品も定額で見放題なので気兼ねなく見れます。

作品本数も585本あるので探すのに迷いそうです。

子供の頃、夢中になったアニメもここで見つかるはずです。

子供と一緒に当時自分が夢中になって見ていた作品を見るなんて、楽しみも膨らみます。

 

avex系の音楽好きにはおすすめ

dTVはドコモとavexの合弁会社が運営なので、エグザイルやAAAなどのavex系のアーティストの作品は多く見られます。

PVやライブ映像、また、安室奈美恵のライブ映像もあるので、ファンにはたまらないです。

何か家の用事をしながらでも、好きなライブ映像を流し見できるので、退屈しないし、少しおしゃれな感じが演出できます。

 

ダウンロードでどこでも視聴可能

見たい作品をダウンロードして持ち歩けるのもメリットです。

ネット環境を気にせず好きな時に見られるのは便利だし、このサービスは動画配信サービスを提供している他社と比べても一歩リードしています。

ダウンロードしておけば突然の配信終了があったとしても後から見られるので最高に便利なサービスです。

  

dTVのデメリット

メリットだけではなくデメリットも紹介しておきます。

良いところ、良くない所も知って判断材料にしてみて下さい。

新作映画はほぼレンタル

dTVで新作の映画も見られますが、ほとんどはレンタル(有料作品)なので追加料金がかかります。

月額500円ということを考えると仕方ないですが、見放題の映画は昔の映画が多いので、昔の作品を見たい方であれば楽しめると思います。

しかし、新作映画を期待している方には物足りなさは残りますが、有料でも1本500円位なので、レンタルで借りる手間を考えれば便利かもしれません。

 

海外ドラマもレンタルが多い

これも個人的な感想になりますが、私が見たいと思った作品、マーベルやDCコミックの作品はほとんどがレンタル(有料)でした。

見たい作品が有料なのはデメリットですね。

ですので、海外ドラマ中心に見たいと思っている方は見放題の作品を確認してから検討したほうがいいと思います。

 

作品の入替りが激しいので要注意 

作品の配信期限にも注意が必要です。

番組表を見てみると、配信期限のある作品が意外に多い事に気付かされます。

見たいと思って契約したのに、いざ見ようと思ったら終わっていた、なんて事にならないようにしたいですね。

月が替わると放送終了の作品もあるので、見たい作品はなるべく早く見ておいた方がいいです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

dTVのメリット、デメリットをまとめてみました。

個人的な感想としては、国内ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、avex系の音楽が好きな方であれば、月額料金も安いので楽しめる印象です。

また、無料の視聴期間も31日間と長いため、一度、試してから決めてもいいのかな、とも感じました。

期限内に解約すれば料金は発生しないので、なるべく損しない方法を試してみましょう。

いずれにしても、dTVはドコモユーザーでなくても気軽に楽しめる動画配信サービスなので、一度は検討してみる価値はあると思います。

ぜひチェックしてみて下さい。

※紹介している作品は、18年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合も ありますので、詳細は dTV ホームページにてご確認ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒dTVの申込み方法をわかりやすく解説:無料おためし期間でお得に楽しむ

パイレーツオブカリビアン


にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!