この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

スポンサーリンク

 

ブレイク
こんにちは、ブレイクです!

動画配信サービス「dTV」の申込み方法を紹介していきます。

dTVはドコモユーザーでなくてもⅾアカウントを取得することにより、映画やドラマなどの動画を見ることができるサービスです。

最初の登録後は31日間無料のおためし期間があるので、作品の内容を見極めてから続けるかどうか選ぶ事もできます。

動画コンテンツも12万本以上あるので、見たい作品があれば試してみる価値はあるので、最初はお試し期間を利用してお得に楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

動画配信サービスdTVとは

dTVはドコモとエイベックスの合弁会社が運営している動画配信サービスです。

月額料金は500円(税抜)で見られ、動画コンテンツも12万本以上、会員数は500万人以上と、他の動画配信サービスに比べ価格もコンテンツ数も引けを取らない充実した内容を誇ります。

ちなみに動画配信サービスの大手5社を比較すると。

  作品数 価格
dTV 12万 500円(税抜)
Hulu 5万本 933円(税抜)
U-NEXT 12万本以上 1,990円(税抜)
NETFLIX 非公表 プラン別
650円(税抜)
950円(税抜)
1,450円(税抜)
Amazon
プライム・ビデオ
5万8千以上 ・年会費3,900円(税込)/月325円
・月会費400円

作品の視聴方法や課金方法など各社違いがあり、一概に比較はできませんが月500円(税抜)という手軽さと作品本数の多さを見ると、dTVはトップクラスの動画配信サービスだということがわかります。

 

ⅾアカウントのメリット

dTVを視聴するにはdアカウントがないと見ることができません、dアカウントはドコモユーザーでなくても簡単に取得できるし、dアカウントを持つメリットもありますので紹介していきます。

dアカウントとはスマホやパソコンなどで「dポイント」やdマーケットなど、ドコモで提供するサービスを受けるときに必要なIDです。

もちろん「dTV」を利用する時にも必要になります。

そしてdアカウントの一番のメリットはdポイントが利用できるということです。

dポイントはコンビニの「ローソン」やファーストフード店の「マクドナルド」でも貯めることも使うこともできます。

また、イオンシネマでも使えるので私は映画を見るのに使ったり、クーポン券も発行できるので安く映画を見たりしてお得に利用していますね。

dアカウントはドコモユーザーじゃなくてもメリットは受けることができるので、持っていて損はないということです。

スポンサーリンク

dTVの申込み方法

dTVの申込方法は簡単にできますが、つまづかないで登録できるように紹介していきます。

わからない時はぜひ参考にしてください。

また、登録にはdアカウントが必要になりますので、登録前に取得しておいてください。

最初はdTVのサイトに行き「31日間無料お試し」のボタンをクリックし、登録していきます。

認証画面に「メールアドレスを入力」「次へ」をクリックします。

入力したメールアドレス宛にメールが届き、メールに6桁の「ワンタイムキー」があるので、その6桁を「ワンタイムキーの欄に入力」「次へ」をクリックします。

 

入力画面に移るので、赤字で「初めてお申し込みのお客様は、31日間無料になります。」と表示されていれば無料期間が利用できます。

そして「メールアドレス」「dアカウントのID」を確認して、その下の氏名など入力項目を入力していきます。

続けて「クレジットカード情報」を入力し「確認画面へ」をクリックします。

最後は「利用規約の欄にチェック」をいれて「申し込みを完了する」をクリックして申し込みは完了になります。

これで31日間無料でおためしができるので、見放題の作品は無料で見ることができるようになります。

注意点としては、無料期間が過ぎると自動的に月の料金が引落になるので、これ以上利用しない場合は退会すればいいので、31日前に退会すればお金は一切かからないということです。

 

まとめ

dTVの申込み方法を紹介いたしました。

無料おためし期間を利用して映画やドラマを楽しむ方法は、お得に動画配信サービスを利用できるので、いろいろと試してみる価値はあります。

dアカウントがない方はアカウントをつくり、dポイントを利用するだけでもお得です。

この機会に今まで見たかったドラマや映画を再確認して、一気に見まくるのも楽しいのではないでしょうか。

※紹介している情報は、2018年6月時点の情報です。現在は変更になっていいる場合も ありますので、詳細は dTV ホームページにてご確認ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

見放題ならdTV 作品数No.1

関連記事⇒【dTV】-動画配信サービス-月額500円見放題のメリットとデメリット!

スポンサーリンク

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!