この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【デッドプール2】最新予告編公開!Xフォース結成でMCU参戦を探る

 

6月1日全国で公開されるデッドプールの最新予告編が公開されました。

X-MENのキャラクターでありながら、ひときわ存在感のあるキャラクター「デッドプール」とはどんなキャラなのか、まだ知らない方のために簡単に説明すると。

デッドプールはマーベルコミック原作「X-MEN」のキャラクターの一人で、不死身の肉体をもつおバカで下品なキャラです。

デッドプールの名はX-MENにも伝わっていて、たびたび勧誘されていたのですが、X-MENのチームへの誘いも断りいつも好き勝手暴れていて、破天荒でそれでいて下ネタ連発の異質なキャラです。

X-MENの中では一番笑える愉快なキャラクターとして、世界的にファンも多いですね。

前作「デッドプール」はその過激な描写からX-MENシリーズ初のR指定となった作品ですが、予想外の大ヒットでウルヴァリンが主役の「ローガン」のR指定にも影響を与えた作品です。

そんな大ヒット作の第2弾はどんな作品になるのか、最新の予告編から内容を考察していきます。

また、今後はアイアンマンなどのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)との合流はあるのか、最新の情報も紹介します。

 

デッドプール2のストーリーは?

デッドプール2の詳しいストーリーは、残念ながらまだ明らかにされてはいません。

しかし、情報も小出しに出てきていて、最新の予告編から見て取れるのを挙げると。

  • 敵役は未来から来たサイボーグ?のケーブル
  • 新キャラは運を操るミュータントのドミノ
  • Xフォースの結成

などがわかってきました。

敵役(ヴィラン)のケーブルはコミックスではX-MENのメンバーであるサイクロップス(目からビームの出るキャラ)の息子なんですが、今作ではそれがどうストーリーに絡んでくるかも見ものです。

ちなみに、ケーブル役のジョシュ・ブローリンは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にもサノス役で出演しています。

新キャラのドミノもコミックスではXフォースのメンバーですね、能力は運を操るミュータントなので映画ではそれがどう表現されるのか、今から楽しみです。

 

Xフォースの結成も今後のX-MENシリーズに影響を与えることが予想されるため、目が離せません。

同じマーベル映画でもヒット作を連発させているMCUと違って、20世紀フォックスはX-MENシリーズがユニバース化されてないというか、X-MEN作品の大きな主軸に則った流れはないように見受けられます。

つまり、X-MENシリーズでも時代背景やほかの作品との関連があいまいで、見る側にとってはわかりずらい一面もあるので、「デッドプール」のシリーズを皮切りにストーリーの統一性を図ってもらいたいですね。

 

日本からは忽那汐里が出演

今回の予告編で忽那汐里の映像も初公開されましたが、彼女の役どころはまだ明らかになっていないようで、海外のアメコミファンもそのキャラクターについていろいろと推測しています。

調べてみると、キャラの名前は「yoiki」ネガソニックの彼女という役のようですね。

電流を帯びたロープを操る忽那のキャラは紫の髪のサイキッカー「サイロック」なのか電気の力を持つ「サージ」なのか、または完全にオリジナルのキャラクターなのか、まだ詳細な情報がありません。

6月1日の公開までにはわかると思うので、詳細が出るまで楽しみに待ちましょう。

出典:www.foxmovies-jp.com

 

Xフォースはいつ公開?

今回の「デッドプール2」で結成される「Xフォース」とは何なのか説明すると。

X-MENよりさらに過激なミュータント集団が「Xフォース」です。

メンバーと予想されるのは、今回のヴィランでもある「ケーブル」新登場のキャラ「ドミノ」金属の体を持つ「コロッサス」が挙げられます。

それに加えて忽那汐里演じる「yoiki」と「ネガソニック」がどう絡んでくるのかも注目です。

「Xフォース」は2018年10月から撮影がスタートすることが決まっているため、私の推測では2020年頃かなと勝手に推測しています。


出典:www.foxmovies-jp.com

 

20世紀FOX今後の予定

20世紀FOXでの今後のマーベル作品の全米公開予定は

  • 2018年5月18日公開予定「デッドプール2」
  • 2018年11月2日公開予定「X-MEN:ダークフェニックス」
  • 2019年2月22日公開予定「ニュー・ミュータンツ(原題)」
  • 2019年公開予定「ガンビット」

の順に公開が予定されています。

「ニュー・ミュータンツ(原題)」は全米公開が当初4月13日になっていましたが、突然の延期になり、2019年2月になりました。

2019年公開予定の「ガンビット」以降のマーベル作品の予定はまだ決まっていません。

2017年12月にディズニーが20世紀FOXを買収したことにより、ディズニーの傘下に入るのは「ピクサー」「マーベル」「ルーカスフィルム」「20世紀FOX」となるため、ディズニーは膨大なコンテンツを手に入れたことになります。

となると当然に映画界では今一番勢いのあるマーベルの作品「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」とのクロスオーバーも話題になってきます。

マーベルスタジオのケヴィン・ファイギ社長は2月に日本で行われたディズニーのイベント「D23」に登場して、インタビューも行われました。

それによると20世紀FOXに切り売りされていたX-MENなどのキャラクターと、マーベルスタジオのキャラクターとのコラボはまだ全くの未定とのことで、共演はもう少し先になりそうです。

買収が完了するのは1年~1年半かかると言われているので、そのタイミングで何か発表があるかもしれませんね。

 

まとめ

最新予告編の公開により「デッドプール2」が益々楽しみになってきました。

これがヒットすればデッドプールは20世紀FOXの稼ぎ頭がとしてその地位を確立し、同じようにマーベルコミックを原作とした作品が更に盛り上がっていくことでしょう。

「X-MEN VS アベンジャーズ」いつかは見たいタイトルですが、本当に実現する日はそう遠くないかもしれません。

おまけ

「デッドプール」は1と2の間に作られたショートムービーもあります。

ものすごくくだらない、下品でブラックユーモアたっぷりの作品ですが、めちゃくちゃ笑えて大好きな作品ですね。

これを見ればデッドプールがどんなキャラクターなのかが一発でわかりますので、ぜひ大爆笑して下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 MCUが気になる方はこちらをどうぞ⇓

関連記事»»マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは何なのか解説。フェイズ4の情報も随時更新中。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:映画ブログ更新