この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

ガンダムのハロついに商品化:AI搭載でアニメの世界は現実となるか!

ブレイク
こんにちは、ブレイクです!

機動戦士ガンダム、いわゆるファーストガンダムといわれる作品で、主人公アムロ・レイのペットロボットして登場した「ハロ」が「ガンシェルジュ ハロ」としてプレミアムバンダイから発売されます。

ファーストガンダム世代の方にとっては気になる話題だと思い、「見せてもらおうか!ハロの性能とやらを」というわけで、ガンシェルジュ ハロの性能や気になる金額についても紹介していきます。

結論としては、まだ通常の会話を楽しみながらガンダムの世界を楽しむAIロボットには遠い感じもしますが、コアなガンダム世代の方なら楽しめる、といったところです。

ハロの性能や一体どんなことができるのか、それでは詳しく見ていきましょう。

 

ガンシェルジュ ハロとは

「ガンシェルジュ ハロとは?」

テレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するマスコットロボット「ハロ」が「もし現代に存在していたら」をテーマにしたAIコミュニケーションロボット。

テレビアニメ「機動戦士ガンダム」の知識を豊富に持ち、その会話をたのしむことができる。

それが「ガンシェルジュ ハロ」です。

引用:プレミアムバンダイ公式

つまりアニメに登場した「ハロ」を実際に現代の技術で作ってしまおう、ということですね。

AIの技術は日々進化しているので、いつかはできるような気がしていましたが「ついに商品化された」ということ。

ハロの本体はVAIO株式会社の協力により製作されているので、技術的には高性能のはず。

実際の性能はどんなものか「ガンシェルジュ ハロ」はどんなことができるのか詳しく見ていきましょう

 

ガンシェルジュ ハロの性能

「ガンシェルジュ ハロ」にできることは大きく分けて4つあります。

  • 会話機能
  • 発光&動作
  • 専用アプリによりスマホに連動 
  • Bluetooth接続

会話機能

「ガンシェルジュ ハロ」との会話機能は「機動戦士ガンダム」に特化した知識を持つハロとモビルスーツやキャラクターなどの話題で会話することができます。

ファーストガンダムに特化した、というところが気になりましたが、これもアップデートを重ねるごとに会話のネタは増えてくることが予想されるので、どのように進化していくのかも楽しみです。

ただし、今現在は本当に会話機能はそれだけのようなので、日常会話やAmazonの「アレクサ」のような便利な機能は付いていないようですね。

 

発光&動作

ハロの状態や表情を表す演出として、目や口の部分の発光と前後左右に揺れたり話しかけた人の方向に向くなどの機能があります。

アニメのハロを見ていると転がってアムロの方に近づいたりする事もできるので、そんな機能もあるとよかったのですが、動作的には揺れるのと向きを変える機能だけのようですね。

 

専用アプリによりスマホに連動

専用のアプリをスマホにインストールし、ハロに接続することで目覚まし機能やスピーカー機能など、会話以外の機能にも対応。

アプリを利用した機能も今後進化していくと考えられるので、いずれはもっと機能は増えていくと予想されます。

 

Bluetooth接続

Bluetooth接続により、ハロをスピーカーとして楽しむことができます。

スピーカー機能を使用しているときに会話はできないようですが、ハロを介して音楽が流せるのはちょっとおしゃれですね。

 

ハロを楽しむために必要なことは6つ

ハロを楽しむためにはWIFI環境やサーバー利用料など、条件が6つありますので紹介していきます。

  • サーバー利用料
  • サーバー利用
  • バンダイナムコID
  • 専用アプリ「ガンシェルジュ ハロアプリ」
  • 無線LAN(WIFI)環境
  • クレジットカードの登録

ハロとの会話を楽しむためにはオンラインモードでの環境が必要になるので、「無線LAN(WIFI)環境」「サーバー利用料」「サーバー利用」など屋内でのネット環境が必要になります。

とくに、サーバー利用料は2018年10月~2019年9月30日までは無料ですが、2019年10月1日より月額3,000円台(税抜)を予定しているので、本体料金以外にお金がかかるということです。

そのほか「バンダイナムコID」は無料で登録できますし、専用アプリ「ガンシェルジュ ハロアプリ」2018年10月から配信を予定していて、ダウンロードは無料とのこと。

クレジットカードも決済の際に利用するもので、「VISA」「MASTER」「JCB」が利用できます。

 

 

気になる金額は?

金額はメーカー希望小売価格149,040円(税込)

2018年8月現在は予約受付中で、発送は2018年10月。

今なら特典付きで「ガンシェルジュ ハロ」がそのまま入る「ガンシェルジュ ハロバッグ」がもらえます。

単なるおもちゃとは一線を引いている、本格的なAI搭載のロボットという印象なので、値段は結構しますね。

イメージとしては高い気もしますが、まだ発売していないのでその機能と内容は未知数です。

発売までにどこまで盛り上がるのか、その他の機能はどういうものがあるのか期待して待ちましょう。

 

まとめ

ガンダムのハロ商品化についての紹介でした。

子供のころにあこがれていたガンダムに出てきたハロが現実のものとなる、これにはテンションの上がる方も多いことと思います。

AI搭載により会話ができるので、どんなことを話すのかつい期待もたかまりますね。

しかし、現段階での印象は、まだ期待していたほどの内容ではない感じです。

オンライン環境でのネットワーク接続により会話できるので、会話量は日々進化すると私自身予想しています。

現時点では満足できなくても、近い将来は飛躍的に機能が充実することもあり得るはず。

ですので、未来を見据えて購入すれば、きっと楽しいハロとの生活が待っているかもしれませんね。

「ガンシェルジュ ハロ」は購入の際はネットで登録しサーバー利用料を払って使用するコミュニケーションロボットなので、個人間の売買やもらったハロを勝手に登録できないなど、縛りが強すぎるというネックもあります。

今後は料金に見合ったサービスを安定的に提供できるかということだったり、機能がどれだけ進化するかということも判断材料になると思います。

科学技術は試行錯誤しながら日進月歩していくものなので、それを期待してハロがどこまで成長するのか楽しみです。

「ガンシェルジュ ハロ」はプレミアムバンダイでしか手に入らないオリジナルの商品。

バンダイナムコIDとハロ本体のシリアルナンバーを紐づけして管理するため、プレミアムバンダイ以外での販売は今後もないものと予想されるため、興味がある方はプレミアムバンダイの公式ページを訪問してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\プレミアムバンダイ公式ページを見てみる/

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!