この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

 

スポンサーリンク

ブレイク
こんにちは、B’zライブ歴22年のブレイクです!

待ちに待ったB’zのライブツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 」に行くことができました。

会場は8月4日の場所は日産スタジアムです。

今年は年2回のライブツアーがあるB’z。

ファンにとっては30周年の記念イヤーという事もあり、イベントが盛りだくさんなのですが、今回のライブは往年の名曲が盛りだくさんな、昔からのファンにはたまらないライブとなりました。

そして、私にとっては確実に忘れられないライブになりましたので、会場の様子やライブの感想を紹介していきます。

※この記事にはセットリストや演出などのネタバレを含みますので、ネタバレしてもいい方だけ読むようにしてください。

また、ライブ会場の様子はライブに参加する前でも見れますが、ライブの感想はこれからライブに参加する方は参加後に読むことをおススメします。

 

スポンサーリンク

ライブ会場の様子をリポート

ライブ会場の様子と会場で気が付いたことなどを紹介していきます。

私がライブ会場に到着したのはちょうどお昼、12時頃でした。

会場での感想はめちゃくちゃ歩いて倒れる寸前という印象です。

8月の炎天下で長時間の野外、という事もあり覚悟して行ったのですが、想像を超える過酷さですね、これからライブに行く方は水分補給や日よけ対策などしっかり自己防衛して倒れないようライブに望んでください。

 

ガチャガチャの状況

日産スタジアムは開場が広いという事もあり、ガチャの会場はグッズなどが売っているメイン会場の一段下の場所にありました。

お昼に到着してすぐ行ったのですが、全く混んでなくてすんなりガチャることができましたね。

今回もコインはオリジナルでこんな感じ。

私は2回ガチャりましたが、結果はメモリアルプレートとメジャー、ガチャは何が出るのか楽しみなところもあるのでとりあえず満足です。

 

ツアートラックは5台展示

続いてはツアートラックの撮影です。

今回はガチャコーナーのすぐ奥にトラックが展示されていたので、撮影場所まですぐに移動できるようになっていました。

しかも展示されているトラックの数は5台、撮影している人もかなりいましたが5台あるのでさすがに余裕で撮影できましたね。

これだけの台数揃えてくれて、撮影しやすいような位置に並べてくれたスタッフに感謝です。

 

 

CD売り場の状況

CD売り場は会場が広いため2カ所に設置されていて、どちらも混雑はない印象です、私はメイン会場じゃないほうの売り場を利用しました。

毎回のことですが、ライブに来る目的は「B’zのサイン色紙をゲットする」という事も目的のため、これもすごい楽しみにしてるんですね。

そして今回はその他にもさらにうれしいニューがそれがこれ。

B’zのサポートメンバーであるバリー・スパークス(Barry Sparks)さんがニューアルバム「BASS IN YOUR FACE」のリリース記念を行うことが決定。

CD購入者に先着で握手&ミニサイン色紙をゲットするチャンスも!これもゲットすべく早速CDを購入し参加券を手に入れました。

ちなみに私が購入したときはあと10枚くらいで対象のCDが終りそうだったので、スタッフの方に聞いたのですがやはりそれだけだそうで、参加券を手に入れられた方は結構レアだったのかもしれません。

 

バリー・スパークス イベントの詳細

「バリーさんと握手&ミニサイン色紙お渡し会」の様子を紹介すると、集合時間に指定された場所に集まり会場まで案内されました。

会場は日産スタジアムの中ではなく、階段を登った先の小さなスペースにテーブルが置かれていて、比較的こじんまりした場所で、えっここで?というような所だったのでバリーさんに申し訳ないような感じ。

 

少し待っていると後ろの方から歓声と共にサングラスをかけたバリーさんが登場。

近くで見るバリーさんは想像よりも大柄で迫力がありました。

テーブルに設置された椅子に座ると陣版に並んでいる一人一人と握手をし、サイン色紙を手渡していきます。

時間的には一人数秒で色紙を渡していましたが、少しだけなら話せる時間もあるようだったので、ここは勇気を振り絞ってなんか話そうと思い順番を待っていました。

そしてついに自分の番が、バリーさんを見ると青い目が印象的ですね。

凄くオーラもありました。

握手をしサインを頂いたときに「ありがとう」というと「サンキュー、ありがとう」と日本語で返していただき超感動です。

最後に親指を立てて「いいね」サインをするとバリーさんも同じように「いいね」を返してくれました。バリーさんやさしい!

感動の余韻を残しながら会場を後にしましたが、こんなチャンスめったにないので本当にいい体験ができました。

私が並んだのは先頭の方だったのですぐにサインを頂けましたが、並んでいる方は印象ですが300人~500人くらいはいたようです。

ミニサイン色紙もオリジナルの色紙なので記念にもなり、我が家のお宝がまた一つ増えました。

サイン色紙抽選の結果は

毎回楽しみにしているのは、CD売り場で5,000円以上の購入でB’zのサイン色紙を100名にプレゼントというクジ引きでの抽選です。

私は今までに抽選で一度も当たったことはなく、抽選のシステムがが始まる前の先着の時にゲットしたサイン色紙が1997年の「FIRE BALLツアー」を持っているのみ。

その後21年間はライブのたびに抽選を行いましたがいまだに当選せず、今回も期待をしつつ抽選を行いました。

その結果は…「あたり

奇跡は起こりました!サイン色紙ゲット!

もううれしすぎます。

今まで何度もハズレていた分、思わずガッツポーズしました。

隣にいた方からも「すごいですね」と言われ、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

当選すると「当選券」がもらえ時間内に引き換える流れです。

そしてゲットした色紙はこちら。

最高すぎます。

これはもう家宝にして一生語り継ぐことにしましょう。

抽選でのサイン色紙ゲットは運によるところが大きいのですが、今回は私なりにやったことがあります。

サインゲットのコツになるかわかりませんが、サイン色紙がどうしても欲しい!という方は参考にしてください。

 

サインゲットのコツ

今回のサイン色紙ゲットのために私がやったことは、ズバリ「左手でクジを引く」ということです。

ゲン担ぎかもしれませんが、何か大切な時は左手で行う、というのはよく言われることで、宝くじを買う時など左手でお金を払い左手で宝くじを受け取るということもよく言われています。

お笑い芸人の明石家さんまさんが言っているのも聴いたことがあるので、著名人も重要な時は左手を使う、という事を覚えておくといいかもしれません。

当然、私も今回は左手でクジを引きました(前回のDINOSAURツアーは右手でした)ので、左手のパワーで当たったのだと思っています。

B’zの直筆サインがどうしても欲しい、という方は関連記事⇒【B’z】直筆サインをもらう方法5選!地道に続ければゲットできるかもをご覧ください。

サインゲットのヒントを紹介しています。

 

グッズ売り場は熱中症に注意

今回一番過酷だったのがグッズ売り場です。

グッズ売り場は12時30分に行ったにもかかわらず、グッズ購入までに2時間並びました。

私は今までのライブでもこれほど長時間並んだことはなかったので、これは予想外でしたね。

体調のことを考えて並べない方は通販でも購入もできるので、無理しないほうがいいです、並んでもいいからグッズを購入したい方は日傘や帽子水分補給を忘れずに完全防備で行くことをおススメします。

 

バーミリオンカードも必要かなと思う

B’zのファンクラブでは会員専用のバーミリオンカードというものも作ることができます。

バーミリオンカードは入会金、年会費は一切無料でセゾンカードのサービスが受けられるクレジットカードです。

ライブでの特典としてはバーミリオンカード専用のグッズ売り場もあるので、そこはそれほど混んでいません。

ですので、混雑を避けたい方はバーミリオンカードでグッズを購入すればかなり時間の節約にもつながるのでかなり便利です。

 

ここからネタバレです!

スポンサーリンク

ライブの感想

会場内の様子を長々と書きましたがここからライブの感想です。

ネタバレもありますので、注意して読み進めて下さい。

ライブでの全体的な感想は、選曲が往年の名曲揃いだったので、昔からのファンは懐かしい選曲だったのではないでしょうか。

前回のDINOSAURツアーでは新しめの曲を演奏したので、今回のツアーは差別化を図り昔の曲を多く演奏したという印象です。

選曲はある意味上り調子で一番勢いがあったころのB’zの曲を中心に演奏されたとも感じました。

希望を言えばもう少し新しい曲を入れても良かったかなと思いますが、30周年という歴史を振り返る意味と、新しくファンになった方はこんないい曲もあったのかと、新鮮な気持ちでライブを楽しめたことでしょう。

私が見ていた席は2階席でステージを横から見渡せる席でした。

ステージからは遠いですがライブ会場の全体を見渡せる席だったので、ある意味貴重な場面も見れるとてもいい席でしたね。

ライブは最前列で見たいという思いも理解できますが、会場全体を見渡せる2階席も結構いいですね、特に今回のライブは2回参加でき次回はアリーナなので、違った視点で見れそうです。

2階席で興奮したのはLOVE PHANTOMの着地が見れたことですね、これはちょっと意外でレアでした。

LOVE PHANTOMの演出で最後に高所からダイブするのですが、2回からは下のマットがよく見えたので結構小さめのマットに少しビックリです。

着地は見事にド真ん中、背中から落ちて成功。

意外なシーンに2階席の良さを実感しました。

 

感動した3曲を紹介

このライブで感動した3曲を挙げるとすると。

  • 裸足の女神
  • ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~
  • 月光

この3曲ですね。

裸足の女神

裸足の女神はいつになっても色あせる事のない名曲ですね。

過去のプレジャーツアーでも5回演奏されている曲なので、人気も高く特に女性からの支持が強い印象です。

私の中では1993年のプレジャーツアー「B’z LIVE-GYM Pleasure’93
“JAP THE RIPPER”
」で演奏されたのが印象的で「LIVE RIPPER」のDVDを何度も見返した記憶があります。

 

ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~

この曲は歌詞が良くていつも元気をもらえる曲ですね。

この曲での注目はネットニュースにもなったピンクのミュージックマンの復活です、97年から行方不明になったミュージックマンのギターが見えた時はめちゃくちゃ感動。

胸が熱くなりました。

松本さんも気に入っているらしく、何曲かこのミュージックマンを使って演奏していました。

関連記事⇒B’z【松本孝弘】行方不明のギター発見!SNSの力を借り20年ぶりに戻る

 

月光

この曲は歌詞のメロディが最高な1曲です。

バラード曲の中でも私の中では上位に位置する曲なのと、そういえばこんないい曲あったよねと再認識することができたので、非常にうれしかったですね。

印象的なのは「B’z LIVE-GYM Pleasure’93 “JAP THE RIPPER”」で演奏された映像がめちゃくちゃカッコいいです。

DVD「LIVE RIPPER」に収められていますので、興味のある方はぜひチェックして見て下さい。

 

ライブ中のハプニング

ライブ中にハプニングもありました。

アリーナ席や後ろの席からは見えなかったと思いますが、私のいた2階席からははっきりと見えました。

一歩間違えれば大変な事故になっていたかもしれないので、その様子も残しておきます。

曲は「Wonderful Opportunity」が終った後、MCに入るときのことです。

稲葉さんが突然崩れ落ちてモニターからいなくなりました、突然倒れたのかなと思い場内がざわつくなか、稲葉さんはすぐ立ち上がり「びっくりしたー」と言って何事もなかったかのようにMCをしていましたが、その状況が上からは良く見えました。

それはステージ上の真ん中あたりの場所が一部分少し沈んでいたんですね。

下からせり上がる舞台のような作りだったらしくて、たぶん下からバボット(空気で膨らます人形)のセットを出した時に完全に締まってなくて、沈んだ部分に足を取られた感じです。

これってすごく危険ですよね。

変な倒れ方して足ひねったり挟まれたり、後頭部打ち付けていたらもうアウトですよ。

すぐに立ち上がりMCを始めた稲葉さんはすごいプロ根性だなと思いましたし、なにより私たち観客に一切心配させなかったというところはすごいことです。

たぶん一番動揺していたのは間違いなく稲葉さん本人で、昔ステージから落ちてスタッフに戻された過去がよみがえっていたと思います、ですがよく平静を装って乗り切ってくれたと感心しました。

 

スポンサーリンク

セトリ(セットリスト)の紹介と主な演出

セットリストと演奏中の演出を思い出せる限りピックアップしました。

オープニングはHINOTORIの前奏

1.ultra soul

2.BLOWIN’

B’zのライブジムにようこそ!

3.ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~
※松本さんの長年失われていて最近発見されたギター「ピンクのミュージックマン」で演奏。

4.裸足の女神

5.Wonderful Opportunity

6.光芒

7.月光

8.恋心(KOI-GOKORO)
※会場全体で稲葉さん指導のもと振り付けの練習。

9.OH! GIRL

10.イチブトゼンブ

11.ねがい

12.星に願いを~TAKソロ~

13.ALONE
※稲葉さんピアノ演奏で95年BUZZツアーの再現。

14.LOVE PHANTOM-HINOTORI
※LOVE PHANTOMの曲間にHINOTORIの曲が入っているバージョン、最後は高所から飛び降りる演出も復活。

15.Real Thing Shakes
※96年Spirit LOOSEツアーOPムービーが流れ、曲は1番のみ披露。

16.juice
※アリーナにはバルーンに吊り下げられた巨大なjuice缶の形をしたバルーンが出現。
コール&レスポンスではNATIVE DANCEの振り付けや太陽のkomachi angelも少しだけ披露。

17.BAD COMMUNICATION

18.Pieasure2018~人生の快楽~
※歌詞の一部を2018バージョンに変更。

アンコール

19.Brotherhood
※会場後方の特設ステージにて演奏 
めずらしく松本さんのMCもありました。

20.ギリギリchop
※エキストラの出演、ステージ上の3か所に設置されたエリアで曲に合わせてタオルを回し、盛り上げるという演出。

21.RUN

エンディングSE ひとりじゃないから いつかまたここで          

 

予想はどうなったのか

「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」のツアーが始まる前にライブで演奏する曲を予想していました。

結果は10曲予想して当たった曲は「ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~」の一曲だけでした。

「NATIV DANCE」も少し演奏と振り付けもあったので惜しかったのですが、この企画は自分なりに結構楽しめたので次回のライブもまた予想して見ます。

関連記事⇒B’z【LIVE-GYM Pleasure2018】ライブの演奏曲を予想してみた!

 

まとめ

B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- 日産スタジアム8月4日の感想を紹介しました。

私にとっては念願のサイン色紙がゲット出来て、おまけにバリーさんと握手&サイン色紙もゲットというダブルの喜びで最高のライブになりました。

そして選曲も良かった。

こうしてライブを振り返るといろんな曲や演出があり、改めてB’zが歩んできた歴史の重みを感じると共に、その曲の中にある思い出がよみがえって感動を与えてくれます。

また、ライブは曲を聴くだけではなく会場での楽しみ方もたくさんあるので、少し早めに出かけて会場の雰囲気やグッズ購入など、自分なりの楽しみ方を見つけるのもそこでしか味わえない楽しみ方の一つ。

生のライブを楽しむことができるのはそう何度もなく、この先何回ツアーがあるのかもわかりません、それだけに貴重なライブを心おきなく楽しんで30周年を笑顔で終われたら最高です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Spirit LOOSEオープニングムービーがフルで収録されているDVDはこれ↓

LOVE PHANTOMの演出で一番最初に飛び降りたのはこのツアーから↓

 

おまけ

今回のライブには芸能人の方々も何名か見に来ていたようなので、紹介します。

 

8月5日の公演はサプライズでブラマヨの小杉さんが登場しました。

 

スポンサーリンク

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!