この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

B’z【松本孝弘】行方不明のギター発見!SNSの力を借り20年ぶりに戻る

 

B’zの松本孝弘さんがライブツアーやレコーディングで愛用していて、1997年から行方不明になっていたギター「ミュージックマン」がついに発見されました。

公式のSNSで明らかになったもので、約20年ぶりに松本さんの手元に戻ったことになります。

ファンとしても気になるニュースだっただけに行方不明のギター発見はうれしい知らせであり、ネットの力を改めて痛感したニュースでもありました。

今回はギターが行方不明になったいきさつから、発見までの経緯を紹介していきます。

行方不明になったのは1997年

松本孝弘さんのギター「ERNIE BALL」社製の「MUSIC MAN EVH」は1995年~1997年の間に使用されていたギターで「B’z LIVE GYM Pieasur ’95 -BUZZ!!-」ツアーのオープニングでも演奏に使用したピンク色のギターです。

松本さんはその当時ギブソン社製のレスポールを多用していたイメージがあったので、ピンク色のミュージックマンはインパクトがあり、私も鮮明に覚えていました。

また、シングル「ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~」のジャケット撮影にも使用し、ライブも96年の「Spilit LOOSE」ツアー、97年の「FIRE BALL」ツアーと立て続けに使用していることから、松本さん自身も非常に思い入れの強いギターだったこともうかがえます。

1997年を最後に行方不明となってしまった「ミュージックマン」公式サイトによれば、当時、あらゆる可能性を考えて捜したが、手掛かりもないままに捜索は断念されたということ。

そして、20年以上の月日が流れてしまいます。

 

ネット力を借りて公開捜索

ファンがこの事実を知ったのが2018年4月14日です。

ギター紛失という事にも驚きましたが、紛失から20年以上経過していたという事実にもさらに驚きました。

B’zデビュー30周年の今年は大型イベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」が開催されていて、そのイベントをきっかけにスタッフも情報公開・情報募集に踏み切ったんですね。

SNSの力を信じて多くのファンがこの情報を拡散させました。

捜索から9日ついに発見される

SNSでの投稿から9日、2018年4月23日に事態は急展開で結末を迎えます。

あまりに早かった展開でしたが、結果は「ある楽器メーカーに大切に保管されていた」とのことで、無事に松本さんの元へ20年ぶりに戻ることができました。

そして、このギターは5月11日からの「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」後期に展示されることが決定し、ファンとしては本当に見つかってよかったと胸をなでおろした瞬間でしたね。

楽器メーカーに保管?という結末に盗難や紛失というよりは、連絡の行き違いによりそのままになっていたのかなと、勝手な想像だけが膨らみますが、まずは見つかったこと、そしてイベントで見れるということに感謝です。

 

まとめ

B’z松本さんの行方不明のギターが20年ぶりに発見された、というニュースでした。

SNSの投稿からわずか9日で解決したギター紛失騒動でしたが、約20年間、紛失したギターを気にかけていた松本さんやスタッフの心情を考えると胸が熱くなります。

それだけに無事で発見されてよかったし、次回のライブではもしかしたらミュージックマンが復活、なんてこともあり得るので、めちゃめちゃ期待しながら次のライブを待つことにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒B’zエキシビション平日の感想!混雑状況と売切れ前にグッズ購入するポイント

⇓松本さんのミュージックマンが見られるDVDはこれ!⇓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!