この記事を読むのに必要な時間は約 25 分です。

マーベル映画アベンジャーズ4の登場キャラを希望と妄想を含め大予想!

 

こんにちはMCUのマーベル映画は「アイアンマン」からすべて映画館で見てきている、マーベル映画好きのブレイクです。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品群も10年の節目を迎え、2018年4月公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は世界的に大ヒットしています。

とくに北米のオープニング興行成績は2015年に歴代1位となった「スターウォーズ フォースの覚醒」が記録した2億4800万ドルを超え、2億5000万ドルと歴代の1位を獲得しました。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が衝撃的な結末を迎えて次につながるため、「アベンジャーズパート4(仮)」はどんな内容になるのか気になるところです。

そこで、今回はマーベル作品をすべて見てきたわたしが、映画、テレビドラマを含めMCU作品のすべてを検証し「アベンジャーズパート4(仮)」にサプライズで登場しそうなキャラクターや勢力を大胆に予想してみました。

あくまでいちファンの希望と妄想を含めた内容なので、こんな予想をするやつもいるんだなとニュートラルな目で見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

登場しそうなキャラクター

登場しそうなキャラクターは映画やドラマの流れを見つつ、存在が曖昧になっている者やサプライズ的に登場できそうなキャラを厳選し、紹介していきます。

 

エミル・ブロンスキー/アボミネーション


出典:http://marvel.com/

「インクレディブル・ハルク」に登場したヴィランです。

ハルクと同じ能力を持つアボミネーションは、ハルクに敗れたあと現在刑務所に服役中。

アボミネーションになったエミル・ブロンスキーは特殊部隊出身の軍人のため戦闘能力はハルクより高いと思われるので、地球の危機であれば一時的に釈放することも考えられます。

 

トレヴァー・スラッテリー/マンダリン

「アイアンマン3」でテロリストのリーダーとして世間を恐怖に陥れましたが、正体はリーダーを演じていただけの雇われた売れない俳優でした。

刑務所に服役していたが、後日談は「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の特典映像「マーベルワンショット:王は俺だ」で描かれていて、刑務所内からテロ組織「テンリングス」の襲撃に会い、脱獄している。

ミイラ取りがミイラになったかは明らかになっていませんが、テンリングスはマンダリンのカリスマ性を利用して組織の立て直しを図っているのでしょう。

テロ組織なので登場する可能性は低いですが、1カットでも登場すればMCUファンは楽しめます。

 

シフ


出典:http://marvel.com/

「マイティ・ソー」出演の女戦士、ソーの幼馴染。

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」ではアスガルドは滅んだが、シフは別任務でアスガルドを離れていたため難を逃れている。

シフはテレビドラマ「エージェント・オブ・シールド」にも登場していて、コールソンとも面識があるため、アスガルドが消滅したことを知った彼女が取る行動は、地球へ行くことだと予想されます。

地球にはソーもいるので再会、共に戦うという流れが自然ではないでしょうか。

 

デストロイヤー


出典:http://marvel.com/

「マイティ・ソー」に登場したアスガルドの宝物庫を守るマシン。

ロキによって密かに地球に送り込まれ、ソーやウォーリアーズ・スリーと対決して最後は破壊されています。

デストロイヤーの残骸はシールドが回収しているので、解析し修理されていれば人々を守る戦力として復活する可能性は考えられます。

 

アーニム・ゾラ博士


出典:http://marvel.com/

四次元キューブで武器を製造していた科学者で「キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー」に登場。

「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」で登場した時には、ウルトロンのように頭脳だけ仮想世界に移動し、意識だけで生きながらえていました。

基地はミサイルで破壊されますが、基地内は古い設備にもかかわらずネットにもつながっている環境だったので、仮想世界ではまだ生きているものと予想されます。

アベンジャーズに協力するとは思えませんが、レッドスカルがインフィニティ・ウォーで登場したのを考えると、可能性は0ではないと言えます。

 

シャロン・カーター/エージェント13


出典:http://marvel.com/

元シールドのエージェントでペギー・カーターの孫、現在はCIAに勤務。

キャプテンのピンチには何度か助けているので、一瞬だけの出演も期待しています。

 

ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー

ワンダ(スカーレット・ウィッチ)の双子の兄で、超高速で移動できる能力がある。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でホーク・アイ(バートン)と子供を助けるため、盾になり撃たれて死亡。

亡くなっているのですが、気になる所は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で亡くなっているにも関わらず、ヘリキャリアの救命艇にバートンがのせている映像が気になります。

遺体はフューリーが預かったのであれば、インヒューマンズの血液により復活したコールソンのように復活の可能性はあります。

 

ウルトロン

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」のヴィラン。

仮想空間から機械の体に移りアベンジャーズと対決しますが、最後の1体はヴィジョンによって破壊され全滅。

ですが、すべての意識を仮想空間から出したとは考えずらいので、ストーリー上はどうとでもなる感じで、サプライズ登場も違和感はないはず。

しかし、味方ではないのではやり無理がありますね、生きているとしても登場はもう少し先かもしれません。

 

ハワード・ザ・ダック


出典:http://marvel.com/

巨人の頭を利用した星ノーウェアにいるコレクターに捕らえられていた人型の鳥。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス」では酒場にいるところが映っていたが、サノスがノーウェアに行った際にも登場はなかったので、ノーウェアを離れたのかもしれません。

ハワード・ザ・ダックは隠れキャラ的な登場が似合っていて、戦力ではないので登場しても一瞬のお遊び程度だと思われます。

 

モルド


出典:http://marvel.com/

「ドクター・ストレンジ」に登場の魔術使い。

ストレンジとは考えの違いから離れてしまい、悪に落ちたような印象になっているが、どうなっているのかは不明。

「ドクター・ストレンジ」の続編には登場すると思われるキャラだけに、「アベンジャーズパート4(仮)」に登場の可能性は低いと思われます。

しかし、まじめな性格なだけに地球の危機を救うべく彼自身は動くはずです。

 

ドルマムゥ


出典:http://marvel.com/

「ドクター・ストレンジ」に登場した暗黒次元を支配している存在。

ストレンジの活躍によりやっとのことで帰ってもらった存在なので、ある意味、別次元を支配しているドルマムゥはサノスよりは圧倒的に強いように思えます。

圧倒的な強さを誇るドルマムゥをあえて呼び出してまで、サノスと対決させようとはストレンジも思わないかも。

登場の可能性は低いですね。

 

アイーシャ


出典:http://marvel.com/

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス」に登場した惑星ソブリンの女王。

ソブリンの軍隊は一大勢力なので、活躍は見てみたい気もしますが、ガーディアンズに恨みを持っているのでサプライズでも登場の可能性は低いかも。

ガーディアンズの3作目には登場しそうなので、そこは期待しています。

 

エイドリアン・トゥームス/バルチャー


出典:http://marvel.com/

「スパーダーマン」に登場したヴィラン。

スパイダーマンからのキャラは、大人の事情で提携していてもハードルがいろいろありそうなので、可能性は低いです。

現在刑務所に服役中という事もあり、登場はスパイダーマンの続編が濃厚です。

 

グランドマスター


出典:http://marvel.com/

辺境の惑星サカールの統治者。

インフィニティ・ストーンのひとつであるエーテルを保管していた、ノーウェアのコレクターの兄でもある。

コレクターの正史は不明ですが死亡していれば、当然グランドマスターの怒りを買うのは予想が付きます。

惑星サカールは上空にあるワームホールから他の惑星のガラクタが降ってくるという設定になっていて別次元にもつながっているはず。

ここからはあくまで推測ですが、インフィニティ・ウォーで消えてしまった人たちは別次元の世界に移されたと仮定すると、別の次元ともつながっているサカールのワームホールがポイントになります。

ですので、グランドマスターの登場も現実味を帯びてくるという訳です。

 

ヴァルキリー


出典:http://marvel.com/

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」に登場したヴァルキリー隊の戦士。

ソーの乗る船がサノスに襲われた時に、ヴァルキリーの姿はありませんでした。

確実に船には乗っていたので、既にやられたのか、その前に船を下りたのかは明らかにされていませんが、映画では登場していません。

ヴァルキリーはもともとソーの仲間になる気はなく、アスガルドに対する思い入れもなかったので(裏切られたとさえ思っていた)アスガルドが消滅した後は他の星に降り立ったとも考えられます。

そうなれば再び登場してもおかしくないはずです。

 

登場しそうな勢力

個人のキャラクターの他に組織など、登場しそうな勢力もあるので、可能性を探ってみます。

 

テンリングス


出典:http://marvel.com/

「アイアンマン」「アイアンマン3」に登場したテロ組織。

トニー・スタークはテンリングスに誘拐され、洞穴の中でアイアンマンを作り脱出した。

アイアンマンの活躍により組織は壊滅状態になったが、マンダリンを組織の象徴として迎え、活性化を図っているため「テンリングス」はMCUの世界でまだ活動しています。

地球の危機にテロ組織が立ち上がるのは違うような気がするので、可能性としては限りなく低いですが、今後の作品の伏線としての登場も捨てきれないので、登場したら面白くなりそうです。

 

ハマー・インダストリー


出典:http://marvel.com/

スターク・インダストリーのライバル会社。

トニーを恨んでいるウィップラッシュ(イワン・ヴァンコ)を雇い、自社のパワードスーツの強化を図るが失敗。

スーツはイワンの勝手な行動で暴走し、社長のジャスティン・ハマーは逮捕された。

マンダリンと同じく「マーベル・ワンショット:王は俺だ」で同じ刑務所に収監されているのが確認できるので、釈放されていればスーツ開発を続けているはず。

だとしたら戦力としては使えそうです。

 

秘密結社ヒドラ

ナチスドイツから派生した組織「キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー」で登場し一度は滅んだと思われていたが、密かに生き延びていて、シールド内部にも浸透しシールドの組織崩壊の原因にもなった。

映画のみならずテレビドラマでもたびたび登場する組織なので、シールドとは敵対関係にあり協力することはない。

ヒドラの組織はしつこく巧妙に浸透してくるので、ヒドラが出てくると話がややこしくなり面倒なので登場する可能性は低いと予想します。

 

アイアン軍団


出典:http://marvel.com/

トニー・スタークがエイリアン侵略の不安に駆られ作り上げたのが「アイアンマン3」で登場したアイアン軍団です。

それぞれの任務に特化した、タイプ別の特徴を持ったパワードスーツの軍団でしたが、超人を作るキリアンのエクストリミスの兵士との対決で自爆も含めすべて破壊された。

その後、トニーは「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でアイアンマンの量産型「アイアン・レギオン」を作っているため、宇宙からの侵略を防ぐべくアイアン軍団を用意している可能性は高いです。

トニーは現在、惑星タイタンにいるので動かす指示はできませんが、もしかしたらペッパーが操作できるよう教えられているかもしれません。

ペッパーは「アイアンマン3」でキリアンに捕まり、エクストリミス化され強化人間になったという経緯があります。

強化されたときに、力を得てヒーローの気持ちがわかったような気がする、といっていました。

今までよりもアイアンマンとして活躍するトニーに理解は示しているので、アイアン軍団のことについても同様に理解を持っていると考えます。

でも面白いのは、スタークが治療薬を開発し治したと言っていたペッパーが、実は治ってなくて、本気出したらアイアンマンより強いという設定が面白いかなとも思います。

 

宇宙海賊ラヴェジャーズ


出典:http://marvel.com/

ラヴェジャーズは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス」に登場した、スタカー・オゴルドがリーダーの宇宙海賊です。

スター・ロードの親代わりだったヨンドゥもラヴェジャーズのメンバーだったので、もしかしたらラヴェジャーズは宇宙の危機にはスター・ロードに協力するかもしれません。

これが実現すれば最高ですが、オゴルドはシルベスター・スタローンが演じているので、話題性もあり確実に盛り上がることでしょう。

ラヴェジャーズはガーディアンズ3作目に確実に登場するので、アベンジャーズに登場するのはファンとしての願いです。

 

ノバ軍警察


出典:http://marvel.com/

惑星ザンダーに拠点を置くノバ軍警察はインフィニティ・ストーン(パワー・ストーン)を保管したため、サノスにいち早く滅ぼされました。

サノスはザンダーを滅ぼしたと言っていましたが、果たして本当でしょうか。

確かにパワー・ストーンは強力で惑星を滅ぼす力がありますが、サノスにとっては最初に手に入れた石、ザンダーをそこまで徹底的に破壊したのかは疑問です。

ノバ軍にも攻撃を免れた部隊があれば、必ず反撃に出るはずなので、再登場も十分に考えられます。

ガーディアンズとは縁のある星なので、無くなるなるのは惜しいのと宇宙艦隊などが出てくるとこれも盛り上がるので、あってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

テレビドラマからの登場予想

MCUは映画の世界のみならず、テレビドラマでも同じ時間軸で世界が動いています。

テレビドラマの中からも可能性はあるのか考察します。

 

S.H.I.E.L.D.


出典:http://marvel.com/

シールドは映画では消滅したことになっていますが、ドラマでは存続していて何とか活動しています。

映画でも活躍したコールソンが中心となり活動していますが、映画に登場する可能性は一番高いのではないでしょうか。

ドラマはシーズン5まであり、5で終了とのうわさもあります。

日本ではシーズン4が始まったばかりですが、ソコヴィア協定やペギー・カーターの話題などMCUを意識した話が多いため、映画との伏線も相当意識しているように思えます。

「アベンジャーズ」がピンチの時には必ず駆けつける、そのためのスピンオフドラマだと信じています。

 

ゴーストライダー


出典:http://marvel.com/

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン4から登場したのが、悪魔との契約により誕生したゴーストライダーです。

ニコラス・ケイジ主演で一度映画化されていますが、MCUとは関係ないです。

少しインパクトの弱かったシールドに強力な味方が加入した、という感じなので画的にも華やかになり、シールドと共に映画にも登場しやすくなった気がします。

 

インヒューマン


出典:http://marvel.com/

シールドで扱っているもう一つの超人がインヒューマンです。

インヒューマンはさまざまな能力を持った者がいるので、派手ではないですが、助っ人のヒーローとしてアベンジャーズを支えるという意味でちょうどいい感じですね。

ちなみにインヒューマンズは単独のテレビドラマもありましたが、こちらは大コケで大失敗の作品なので、あくまで「エージェント・オブ・シールド」に登場するインヒューマンという事です。

 

ディフェンダーズ


出典:http://marvel.com/

ネットフリックスのドラマ「ディフェンダーズ」は「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「アイアン・フィスト」「ルーク・ケイジ」の4人が悪と戦うテレビ版アベンジャーズのような作品です。

もちろんそれぞれのテレビドラマがあり、各人主役で放送されています。

ネットフリックスの作品はMCUではあるが、かかわりは薄いようですね。

ディフェンダーズはニューヨークの町を守るヒーローとして活動しているので、活動範囲は非常に狭いです。

ですので、限りなく可能性は低いですが期待を込めて待ちましょう。

 

大胆予想!登場すすのはこれだ

ここからは上で選んだキャラから、MCUの流れを見ても登場して違和感ないキャラから、登場してほしいという期待を込めたものまでを選んでみました。

エミル・ブロンスキー/アボミネーション

登場する可能性が高いのはアボミネーションです。

理由はマーベルのブルーレイ「マイティ・ソー」の特典映像マーベル・ワンショットの「相談役」という短編に答えがあるような気がします。

「相談役」は世界安全保障理事会がアボミネーションであるエミル・ブロンスキーを刑務所から釈放し、アベンジャーズに参加させたい意向を、フューリーとコールソンが阻止するというもの。

刑務所に服役中という事は政府の管理下にあるということ、世界の危機にはアベンジャーズやシールドを無視してアボミネーションをサノスに差し向けることもあるかも。

「インクレディブル・ハルク」に登場していたロス将軍もシビル・ウォーで復活していることから、可能性は大いにあります。

 

シフ

アスガルド人の生き残り、女戦士、ソーの幼馴染のシフも期待を込めて登場してほしいキャラです。

シフが地球に来るのは時間の問題であるし、いるかいないかあいまいではファンは納得しないでしょうから、どこかで登場するはずです。

アスガルド人はほぼ全滅なので、ソーとシフが最後はくっ付いてアスガルド人は絶滅を免れるという落ちも作れることからパート4にはきっと登場することでしょう。

 

グランドマスター

サノスによって消えてしまった仲間と合流するためには、惑星サカールが次元と次元をつなぐ中継地となり、グランドマスターも重要な役割でかかわってくることと予想します。

何より弟がやられたので、復讐という理由でもいいでしょう。

サカールはハルクもクインジェットで行けるくらいなので、ストーリー的にも無理なく進められるはず、また、サカールでは笑いも入れられそうなネタも多そうなのでブレイクポイントとして登場していただきたい。

 

アイアン軍団

地球を守るためのアイアン軍団も絶対に盛り上がります。

トニーのことだからきっと用意しているはずですよね。

そんなことを期待してアイアン軍団の登場を待ちましょう。

 

宇宙海賊ラヴェジャーズ

オゴルド率いるラヴェジャーズも宇宙での戦闘になれば登場する可能性はあります。

「アベンジャーズパート4(仮)」はフェイズ3の最後になります。

パート4の次はスパイダーマンの続編ですが、その次はガーディアンズの続編です。

伏線もしっかり作っておいた方が新たなフェイズへ移行しても面白さを引き継げるので、ガーディアンズ関連のサプライズを用意しておけばファンは必ず引き込まれます。

 

S.H.I.E.L.D.

コールソンとシールドは最終的には必ず出てくるでしょう。

というか、このために今までドラマをやっていた、という位置づけでなければドラマもつまらなくなります。

テレビドラマからも映画に参戦して、これぞMCUというところを個人的にも一番見せていただきたい。

 

ゴーストライダー

シールドと同じくゴーストライダーも登場するでしょう。

逆に登場しなかったら何のためにドラマに出したのか不思議なくらいです。

映画でも見劣りしないキャラなので、どんな活躍をするのか今から期待しまくっています。

ってまだ決まってはいないので、妄想が膨らみましたが可能性は高いでしょう。

 

インヒューマン

こちらもシールドとゴーストライダーとセットで登場のキャラです。

インヒューマン自体パッとしない位置づけなので、後方支援での登場でひっそりと行動してくれそうですが、フェイズ3の最後は全員集合で華やかに終わってほしいですね。

 

まとめ

「アベンジャーズパート4(仮)」にサプライズで登場しそうなキャラクターや勢力を大胆に予想してみました。

これはあくまで個人が勝手に予想した物なので、賛否両論、意見はあると思いますが、映画を盛り上げるための一意見として話のネタになれば幸いです。

最終決戦の地は地球ではなく、別の惑星という可能性も考えられるので、そうなるとまた見方も違ってきます。

アベンジャーズパート4(仮)の2019年公開まで、期待や妄想をあなたなりに膨らませて楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒マーベル映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの感想!ネタバレあり

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見る前にチェックしておく作品は「マイティ・ソー/バトルロイヤル」おまけ映像からインフィニティ・ウォーに直接つながります。

↓今すぐチェック↓

スポンサーリンク

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!