この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

ブレイク
こんにちは、ブレイクです!

マーベル映画(MCU)に登場する人気のあるキャラクターというと、アイアンマンやキャプテン・アメリカなど主役のキャラが思い浮かびますが、今回は主役じゃないけどイケてるキャラ、ウォーマシンにスポットを当てて紹介していきます。

ウォーマシンは決して主役ではありませんが、アイアンマンなど主役をサポートする重要なキャラでMCUに必要不可欠な存在です。

また、アイアンマンがマーク1~マーク50とバリエーションが豊富なように、ウォーマシンも少ないですがいくつか種類が存在します。

そこで、今回はウォーマシンのスーツ一覧をまとめて紹介し、その変遷を辿りますので、ウォーマシンの魅力を再認識していきましょう。

ウォーマシンとアイアンマンの違いは

ウォーマシンとアイアンマンの違いを紹介すると、どちらのスーツも製作者はもちろんトニー・スタークなので、ウォーマシンはアイアンマンから派生したスーツということになります。

ウォーマシンのスーツを着用しているのはローディ(ローズ大佐)で、トニーの親友という立場からスーツを預かっている(一時は奪っていった時もあった)設定です。

なので、トニーは最新のスーツをローディに渡しているわけではなく、トニーが最新スーツでローディは型遅れのスーツを着ているという印象。

そして一番の違いは武器ですね。

たとえばアイアンマンのマーク6はカートリッジ式のレーザーカッターを装備するなどハイテクな武器を身に着けているのに対し、当初ウォーマシンは米軍でも使っている武器を取り付けて使用していました。

その後にスーツがアップグレードされた後もアイアンマンがスマートな武器を使うのに対しウォーマシンはかなり重量感のある武器を毎回使っています。

私的にはウォーマシンは重厚感のある武器を装備した、いわばミリタリーマニア向けのキャラという結論です。

 

映画タイトル別にパワードスーツを紹介すると

ウォーマシンが登場した映画をタイトル別に紹介していきます。

ウォーマシンの元はアイアンマンのマーク2なので、はじまりは「アイアンマン」からです。

映画タイトル スーツの番号・名称
アイアンマン アイアンマン
マーク2
アイアンマン2 ウォーマシン
マーク1
アイアンマン3 アイアン
パトリオット
アベンジャーズ
エイジ・オブ・ウルトロン
ウォーマシン
マーク2
シビル・ウォー
キャプテン・アメリカ
ウォーマシン
マーク3
アベンジャーズ
インフィニティ・ウォー
ウォーマシン
マーク4

 

アイアンマン

アイアンマン マーク2

トニー・スタークが本格的に開発したパワードスーツで、両手とブーツには「リパルサー」を内蔵、飛行を可能にした。

劇中でもローディはスーツを見て一瞬着用するのかと思わせるシーンもあったが「着るのは次にするか」と言って装着シーンはなかった。

 

アイアンマン2

ウォーマシン マーク1

ローディがトニーとの大喧嘩の際に奪っていった「アイアンマン マーク2」を改良したもの。

スーツの中身は変わりないが、装備は米軍と取引のあったハマー社の武器も使用。

背中に取り付けたM134ガトリングガン。

両腕にアサルトライフルF2000。

左肩にレーザー誘導式のミサイル「別れた妻(エクスワイフ)」を装備。

 

アイアンマン3

アイアン・パトリオット

原型はアイアンマン マーク22(ホットロッド)とされている。

アメリカを象徴する星条旗をモチーフにしたカラーが施されていて、見た目はキャプテン・アメリカ感が漂うデザイン。

装備は腕についたマシンガン、背中の2連装砲とマーク1に比べシンプルな印象。

劇中ではローディはスーツを奪われたため、アイアン・パトリオットでの戦闘シーンは無い。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

ウォーマシン マーク2

「アイアンマン3」では星条旗カラーだったが、マーク2はウォーマシン本来のカラーリングともいえる地味な色合いに戻してある。

スーツのデザイン、武器などの装備もほぼ同じだが、内部プログラムは変更されている。

劇中ではソコヴィアでヘリキャリアの登場とともに出撃、救助艇の援護など裏方として活躍した。

 

 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ウォーマシン マーク3

マーク2と比べさらに重厚感が増したデザインになっている。

左肩には4連装砲、右手には超音波砲を装備、背中には接近戦用の武器、電磁バトンと武器もグレードアップしている。

ちなみに超音波砲は「インクレディブル・ハルク」で米軍がハルクに向けて使用した武器の小型改良版だと思われる。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

ウォーマシン マーク4

マーク3に比べかなりの重武装化が進んでいる。

これは私の推測ですが、ローディは「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で半身不随になってしまい、機敏に動けなくなってしまったため、重武装化を余儀なくされた。

歩行サポートなどの機能をスーツに追加したため、今まで以上に重厚感(特に腰回り)が出てしまったと思われます。

武器の装備は背中や脇にミサイルポッドや爆撃ユニットなど、空中からの遠距離攻撃を想定したものが多く採用されている。

 

 

まとめ

ウォーマシンのスーツ一覧、マーベル映画(MCU)登場のアーマーをすべて紹介しました。

ウォーマシンはMCU作品では、アイアンマンに次いで欠かせないキャラです。

シビルウォーでは大けがをし、半身不随になってしまいますが、それでも戦い続けるローディには感動を覚えます。

トニーが少し大雑把でいい加減な性格に対し、ローディはまじめで正義感にあふれる人物だからこそ、アベンジャーズと政府を取り持つパイプ役として表に見えないところで動き、支えているような気がします。

なかなか主役にはならないキャラですが、脇役がいてこそ主役は光輝くものなので、ウォーマシンがMCUに必要なのは言うまでもありません。

劇中ではウォーマシンの細かいディテールまでわかりませんが、フィギュアであれば武器などの装備や、背面など細かいところまで全て知ることができます。

一押しなのはすべてが精巧に作られたフィギュア、ホットトイズのムービーマスターピースシリーズが超おススメです。

見れば必ず感動しマニア心をくすぐりますので、知らなかった方は一度チェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒ホットトイズ【ムービーマスターピースDIECAST】究極フィギュアの紹介!

関連記事⇒アイアンマンのパワードスーツ一覧:歴代のアーマーを全種類紹介する!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!