この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

【無料】ビットコインはタダでもらうもの!すぐもらえる方法を公開します

 

最近、ニュースでも仮想通貨やビットコインの話題がたびたび取り上げられるようになってきました。

仮想通貨の中でも一番の知名度があるビットコイン、気になる方も多いのではないでしょうか。

気になるけど、自分のお金を使ってまでビットコインを買いたくはない、という方は多いのではないでしょうか。

私もそうでした、値上がりすればリターンは大きいですが、値下がりのリスクもあるからです。

ですので、何とかタダで手に入れる方法はないものかと調べたところ、以外にあるもんですね。

そんな情報を知らない方のために、ビットコインをタダで手に入れる方法があるので、今回は全くのリスクなしで、手に入れる方法を紹介していきたいと思います。

 

ビットコインをタダでもらう方法

ビットコインをタダで貰う方法は仮想通貨の取引所別に様々な方法でできますので順番に紹介します。

 

1.ビットフライヤーでもらう

ビットコインをタダでもらう方法は、意外にも仮想通貨の大手取引所であるビットフライヤー(bitFlyer)でやっているんですね。

どうゆう事かというと、ビットフライヤーを経由してネットで買い物や、ショッピングのクレジットカードを作ると、ビットコインがもらえるということです。

ビットフライヤーを経由する」ということはどうゆう事かというと、ログインしたビットフライヤーの自分のサイトから、買いたいものがあるサイトをクリックして、そこから買い物をするとビットコインがもらえます。

ビットコインがもらえるサービスは商品購入であったり、会員登録だけでもらえるものもあるのでいろいろ見てみると面白いですよ。

↓ビットフライヤーを見てみる↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ポイントサイトのポイントがビットコインに置き換わったと思ってもらえればわかりやすいかと思います。

私もこの方法で1円も使わずにビットコインをもらって、今では様々な仮想通貨に投資をして運用しています。

ビットコインをタダでもらうには、ビットフライヤーに登録が必要です。

登録するだけならお金はかからないので、登録してビットコインをもらえばいいわけです。

仮想通貨普及の流れは、今後一層増えてくると思われます。

世界的に見てもこの時代の流れは止まらないので、まずは取引所に登録して仮想通貨とはどういうものか、勉強してみるのもいいのではないでしょうか。

 

2.Zaifでもらう

仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)でももらえます。

どういう方法でもらうかというと、「チップ」という方法でもらいます。

Zaifにはサイト内のチャットでチップが送れる「チャットチップ」という機能とツイッターからチップが送れる「Twitterチップ」という機能の2種類の方法でチップが送れます。

つまり、2種類の方法でチップが受け取れるということです。

チャットチップはサイト内のチャットルームで有益な情報をくれたお返しとして「いいね!」を送る際、自分の残高からチップを送ることができる機能です。

有益な情報を発信して人気が集まれば、その分チップも集まります。

Twitterチップはツイッター上で最大1万人までチップが送れる機能で、主にフォロワーを増やしたい時にチップをばら撒いている方が多い印象です。

「限定○○名、○○ZAIF」とか見ればすぐにわかるので、見つけた時に早く申請しないとすぐに人数に達してしまいます。

もらえる単位は少ないですが、結構チップを配っている方も多いので、塵も積もれば結構な額になります。

その資金を元に投資できるわけですから、タダで仮想通貨をはじめたい方にピッタリです。

↓Zaifでチップをもらう↓

 

3.DMM Bitcoinでもらう

DMM Bitcoinは新規口座開設完了でもれなく1,000円もらえます。

キャッシュバックなので仮想通貨ではないですが、これを元手に仮想通貨投資ができて、気になっているアルトコインなども選んで買えるので使い勝手は良いですね。

これは期間限定で2018年6月30日までです。

条件は新規口座開設完了なので、申込むなら本人確認で時間もかかるため、余裕を持って早めに申し込んだ方がいいですね。

↓口座開設で1,000円もらう↓

 

4.GMOコインでもらう

GMOコインでは2017年8月9日から期間の区切りなく新規口座開設完了された方にもれなく、ビットコイン 20,000Satoshiをプレゼントしています。

Satoshiって何?と思った方もいると思いますが、

Satoshiとは、ビットコインの通貨単位の最小単位で、1 Satoshiは0.00000001BTCに相当するものです。

つまり1BTCが100万円だと仮定すると、20,000Satoshiは0,0002BTC、日本円にすると200円です。

200円とはだいぶ少ないですが、ビットコインの価格がピーク時に比べだいぶ下がっているので仕方ないですね。

メリット的にはあまりないですが、分散投資でいくつも口座を開設しようとしている方は検討材料になるはずです。

↓20,000Satoshiをもらう↓

アルトコイン訴求

タダでもらうことのメリット

ビットコインをタダでもらうことのメリットとは何でしょうか。

取引所に新規口座を開設したり、カードを作って多ければ1件5,000円程度、少ない物でもチップで何十円から仮想通貨がもらえます。

その程度をタダでもらってもメリットあるの?と思われる方もいるかもしれません。

しかし、もらうのは現金ではなく仮想通貨です。

現金の価値が変わるのには何十年もかかります。

しかし、仮想通貨の価値が変わるのは劇的に早いです。

例えばビットコインは2017年1月には10万円程度だったものが、2017年12月には250万円を一時超えました。

実に25倍以上値上がりしたんですね。

現金ならそんなことはありませんが、ビットコインはつい最近そんなことが実際にあったんですね。

タダでもらえてそんなチャンスが手にできるので、ホントにお得だしメリットもあると思います。

私の経験になりますが、私もタダでビットコインをもらいました、総額は8,000円でした。

それが今では変動はありますが、10万円程度になっていて、ビットフライヤーで取引されているすべてのコインに分散投資して運用しています。

タダでビットコインをもらわなければそんなこともできなかったので、メリットはあったと思っています。

 

タダでもらうことのデメリット

デメリットはどうなのか考えましたが、たとえビットコインが0円になってもダメージは0ですし、登録も簡単だし、しいて言えば本人確認がめんどくさい、くらいだと思います。

登録は簡単でマニュアルを見なくても誰でもできますが、本人確認の画像を送ったり、ビットフライヤーからの本人確認のハガキが送られてくるタイムラグがあるので、登録してすぐに始められないところだけデメリットです。

その他のデメリットは見当たりません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨をタダでもらえて、持っていれば価値が上がる可能性があることがわかり、メリットしかないことが理解できたことと思います。

私のオススメはビットフライヤーでの登録や商品購入でビットコインを貯めることです。

効率よくタダで仮想通貨を手に入れたいなら、行動するしかないです。

何もせず周りを眺めて様子を見ているだけでは、希望を叶えることは難しいですね。

最新の未来に希望を見い出し、今後発展していくであろうシステムを学び、実践してみることは大切です。

時代に乗り遅れないよう、常にアンテナを張って生活したいものですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

仮想通貨の知識を身に付けたい方は。

関連記事⇒ビットフライヤー【スマホ】で簡単にできるアカウント作成【口座開設】方法

関連記事⇒仮想通貨の知識が身に付く動画ってどうなの?参考になるか見た結果を報告!

を見ていただければ、仮想通貨の知識と今後の展望がわかります。興味があれば読んでみて下さい。

↓仮想通貨をタダでもらう↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村