この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

【仮想通貨】ビットフライヤー販売所と取引所の違いとは?損しない方法!

 

ビットフライヤーでビットコインの購入や売却をする時は、販売所取引所のどちらかを利用して取引を行います。

普段何気なく売買していて、販売所しか使っていない方も多いのではないでしょうか。

取引回数が少ないからといって、売買価格の高い販売所しか使っていないのはもったいないことです。

そこで、今回は仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所と取引所の違いを正しく知ると共に、メリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

これを知れば、販売所はすぐ購入できるメリットがあり、取引所は安く買えるメリットがあることがわかり、次回からはよりお得にビットコインが購入できることと思います。

ビットコインの取引で損したくないので、賢く利用してお得に儲けましょう。

販売所と取引所の違い

ビットコインの売買には販売所か取引所を利用します、ではその違いは何なのか見ていきましょう。

ビットコイン以外の「アルトコイン」と呼ばれる通貨は現在販売所でしか売買できませんが、ビットコインは赤い四角で囲った通り「販売所」「取引所」どちらからでも売買できます。

販売所をスマホの画面で見てみると。

購入価格と売却価格が表示されていて、数量を入力するだけですぐに売買できるようになっています。

続いて取引所です。

取引所は株式売買などで使われている、通称「板」と呼ばれる画面に購入したい金額、数量と売却したい金額、数量が一覧で表示されます。

売買したい場合は最終取引価格を基準として数量、金額を入力して売るか買うかを決定します。

特徴を詳しく説明すると。

販売所は売買相手がbitFlyerとなり、bitFlyer側の提示した相場で直接売買できるということ。

取引所顧客が数量と金額を板に提示して売買のやり取りを行います。

要は相手の提示した金額で買うか、自分の提示した金額で買うかの違い、株でいうところの成行注文か指値注文の違いと同じですね。

どちらも一長一短あり、それぞれメリット/デメリットがあるので、以下に詳しく説明していきます。

 

販売所のメリット/デメリット

メリットは買いたい時にすぐ買える

取引所の板相場がめんどうで、ビットコインがすぐほしいという方には販売所が向いています。

売買価格がすぐにわかるので楽して購入したい方に向いてますね。

普段は取引所ばかりの利用でも、ビットコインの暴落時などは販売所の方が確実に売れるという点でメリットはあります。

板相場で買い手が付かなければ損失が拡大するだけですから、取引所で売りたくても売れない相場になった時販売所が効果を発揮するということです。

 

デメリットは売買価格が割高

取引所と比較して購入価格は高く、売却価格は安く設定されています。

ですので、急ぎではない場合は、総合的に見て取引所で売買したほうがお得ということになります。

販売所の方が確かに楽ですが、急な売買でなければ、取引所を利用して売買したほうが無駄な出費を抑えられるのでお勧めですね。

取引所のメリット/デメリット

取引所のメリット・デメリットを挙げると

メリットは比較的割安で購入できる

取引所は売りたい人と買いたい人の条件がマッチしたときに取引が成立します。

また、売買板の価格は販売所の価格より安く設定されているので、販売所より安く買えて高く売ることができます。

数量も金額も自分で入力するので、極端に高く売却しようとしたり、極端に安く購入しようとすると取引は成立しませんが、販売所の価格を目安にしてそれよりはお得に購入できます。

 

デメリットは売買が成立しない場合もある

メリットのところでも説明しましたが、極端な金額で注文を出しても売買は成立しないということです。

いくら個人間の取引だといっても、最終取引価格が基準となり売買が成約されていくので、あまりに高すぎたり安すぎたりすると売買が成立せず買い時を逃すかもしれません。

また、暴落や暴騰があった時にもデメリットとなります。

例えば、ビットコインの価格が暴落したときはパニック売りに近い形になり、価格を指定してもそれ以上に暴落のスピードが速いと売買が成立せず、予想外の喪失を被るリスクがあります。

そんな時は取引所での売買はデメリットになるので、販売所ですぐに取引したほうが損失は最小限に抑えられるので便利ですね。

 

まとめ

ビットフライヤー販売所と取引所の違いと、メリット・デメリットを説明してみました。

販売所はビットフライヤーとの取引

  • メリット 買いたい時にすぐ買える
  • デメリット 売買価格が割高

取引所は個人どうしの板取引

  • メリット 割安で購入できる
  • デメリット 売買が成立しない時もある

結論としては 通常は取引所を使い暴騰、暴落などの緊急時は販売所を利用するのが賢い使い方。

今まで販売所しか利用していなかった方は、損しないためこの機会に取引所の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒ビットフライヤー【スマホ】で簡単にできるアカウント作成【口座開設】方法

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

ブロトピ:ブログ更新しました!

 

 

↓操作性のよさで選ぶなら↓

アルトコイン訴求

↓今ならキャンペーン中↓