この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

B’z【エキシビション】ライブで使用したアンプをオークションで放出!

 

B’zの松本孝弘さんが実際にライブで使用したアンプを大量放出することがわかりました。

これはB’zのデビュー30周年記念イベント「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」のイベントの一つで、サイレントオークション形式で実施されます。

B’zの実際に使用した機材が放出されることはめったにありません、この貴重なオークションの概要はどうなっているのか詳しくお伝えするとともに、この機材を使用したライブも私のわかる範囲で紹介します。

ファンにとっては目から鱗のレアなオークション、当然落札額は高値が予想されるので、この話題は盛り上がること必至です。

出品されるアンプキャビネットセット

出品されるアンプキャビネットは全部で5種類。

いづれも過去のライブにおいて松本さんが使用したものです。

また、全落札金額は松本孝弘さんと関わりのある機関に寄付させていただくとのこと。


出典:http://www.bz-vermillion.com/

重量・サイズ

Yellow(VHT)

・「4×12」 W:760 D:360 H:770 28kg
・「2×12」 W:760 D:360 H:440 18kg

サイズ:約W760mm×D360mm×H1,210mm(412+212)
重量:約46kg(412+212)

 

Red・Blue・White・Snake(Bogner)各色共通

・「4×12」 W:760 D:360 H:790 28kg
・「2×12」 W:760 D:360 H:460 18kg

サイズ:約W760mm×D360mm×H1,250mm(412+212)
重量:約46kg(412+212)

 

使用したツアー

・Yellow
B’z LIVE-GYM Pleasure 2000 ”juice”

・Red
B’z LIVE‐GYM 2001 ”ELEVEN”
B’z LIVE‐GYM 2002 ”GREEN~GO★FIGHT★WIN~”
B’z LIVE‐GYM 2005 ”CIRCLE OF ROCK”
TMGツアー等

・Blue
B’z LIVE‐GYM The Final Pleasure ”IT’S SHOWTIME”
B’z LIVE‐GYM 2003 ”BIG MACHINE”

・White
B’z LIVE‐GYM 2006 ”MONSTER’S GARAGE”
B’z SHOWCASE 2007 ‐19‐
B’z SHOWCASE 2007 ‐B’z In Your Town‐

 

サイレントオークションの内容

サイレントオークションとは

入札用紙に購入希望金額を書き、入札者の中で最高額をつけた人が落札の権利を得るというもの。

※入札の途中経過や、落札価格は公表しないとのことです。

 

サイレントオークション期間

5月11日(金)から始まる「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」の後期から、ストア内レセプションデスクにある入札用紙にて入札できます。

ストア内に入るには「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」の当日券が必要になります。

 

入札条件・諸事項については以下のようになっています。

  • お一人様につき一回、1セットのみの入札となります。
  • 落札後は指定口座に現金ご一括で送金いただきます。
  • 送料はお客様負担となります。
  • 写真では確認できない「傷・汚れ・変色」がありますので、予めご了承いただける方のみご入札ください。
  • 18歳未満の方のご入札はご遠慮させていただいております。ご入札いただきましても無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
  • 入札の際、公的身分証明証にて、ご本人様確認を行わせていただきます。代理でのご入札はご遠慮させていただいておりますので、予めご了承ください。
  • 各4×12+2×12セットでのご入札となります。単体での入札はできませんので、何卒ご了承ください。

http://www.bz-vermillion.comより引用

注意する点は、入札の際に本人確認を行うので家族の名前等を使って何件も申込はできないということです。

 

その他

最高入札額が、同額で複数名いらっしゃった場合は、抽選とさせていただきます。

まとめ

B’z松本さんがライブで使用したアンプをオークションで放出する、という情報をお届けしました。

B’zのデビュー30周年を記念して行われているイベントも5月11日から後半戦に突入します。

後半は展示の衣装や機材も入れ替えするので、また新たにお披露目されるレアなものもあると思うと、前半と同じくらいにぎわうことでしょう。

そんな中、発表されたアンプキャビネットのオークションはイベントの目玉になること間違いないですね。

どのアンプも貴重なものなので、かなりの高額で落札されることが予想されますが、金額は公表しないようなので残念です。

わたしの個人的な意見として、赤のアンプは2001年、2002年、2005年といろいろなライブツアーで使われています。

TMGのツアーでも使用されたため、松本さんの思い入れも強いのかなと感じるので、たぶん入札の一番人気になると予想します。

いずれにしても、一般人の私にはとても手が届かない金額になると思うので、そのいきさつを静かに見守るのみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連記事⇒【B’z】30周年記念 エキシビションSCENES 開催決定!これまでの情報まとめ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログ更新しました!