この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

DC 映画 ジャスティス・リーグ 感想

DC映画を初めて見た私でもついて行けた、わかりやすいストーリーとアクションは爽快だ!

ジャスティス・リーグ

原題 JUSTICE LEAGUE

監督 ザック・スナイダー 

日本公開 2017年11月23日

ネタバレもありますので注意して読んで下さい。

 

あらすじ

DCコミックスのヒーローたちが集結したドリームチーム、ジャスティス・リーグの活躍を描くアクション大作。バットマンとワンダーウーマンが団結し、特別な能力を持つヒーローたちを集めた新チームで敵に立ち向かおうとする姿を活写する。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』同様バットマンをベン・アフレックが演じ、ワンダーウーマンをガル・ガドットが熱演。個性派ヒーローたちの活躍ぶりに血が騒ぐ。

ブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、スーパーマンの捨て身の行動に影響を受け、再び人類を信じるようになる。彼は新たな相棒ダイアナ・プリンス(ガル・ガドット)の手を借り、強敵との戦いに備えて準備を進める。バットマンとワンダーウーマンとしてお互い協力を約束した彼らは、共に戦ってくれるヒーローたちを集めるが……。

 

「ジャスティス・リーグ」-シネマトゥデイ-より引用

 

感想

私自身、DC映画はなんか暗いイメージがあり、笑いも少ない印象があってかなかなか見る機会がありませんでした。

今回、マーベル映画と同じようなヒーロー集結ものとして興味があったので映画館で見るのは初めてっだったのですが、予備知識はほとんどない状態で、たいした期待をしないで行きました。

しかし、ジャスティス・リーグは十分満足のいく仕上がりでした。

予備知識がないので、ストーリーにもついていけるかの不安もあったのですが、その辺は何とかわかるように作られています。

今までのDC作品を見ていればさらに面白いだろうと容易に想像できますが、初めて見る方でも十分楽しめます。

話しの内容は、地球外からの侵略者に対してバットマン、ワンダーウーマンが協力し超人をスカウトしてちーっむを結成、対抗するという内容で、ストーリー自体は非常にシンプルです。

ですが、話を詰め込みすぎずシンプルにまとめたところは、逆に良かったのではと思います。

単純に楽しめる娯楽大作なので映画館で迫力ある映像を楽しむにはおすすめの作品です。

 

見どころは?

・ワンダーウーマンの活躍

オープニングからワンダーウーマンの活躍に引き込まれます。

人質を取って爆弾を仕掛けるテロリストに立ち向かうワンダーウーマンがかっこよすぎです。

冒頭のつかみには最高のシーンですね。

ワンダーウーマンはヒーローの中ではただ一人の女性なので、男ばかりだとむさくるしくなりがちなところをうまく中和してくれています。

バットマンのブルース・ウェインも一番信頼を寄せているのも見て取れるし、正義の信念を一番持っているので、チームの結成でも重要な役割を果たします。

ワンダーウーマンの続編はアメリカ公開が2019年11月の予定なので、今後の続編に期めちゃくちゃ待が高まります。

 

・スーパーマンの復活

というか、2016年3月公開の「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」でスーパーマンは亡くなっていたんですね。

ストーリーも、スーパーマンがいなくなったからステッペンウルフが侵略に来た、というもの。

スーパーマンがどれだけ抑止力になっていたことか、他のヒーロー達と比べてもケタ違いのほぼ反則的な強さですからね。

なので、チームにはどうしても必要とブルースも考えていたようで、どうやって復活したかは本編を見て確認して見て下さい。

予告編にも出ている通りスーパーマンは復活します。

スーパーマンの立ち位置とでチームとの関係も今後どうなるか、これも凄く気になります。

 

笑えるシーン

・フラッシュの存在

全体的に暗い感じの中でストーリーが進みますが、唯一の笑いを提供してくれるキャラがフラッシュですね。

ヒーロー経験なし、友達が欲しくて参加したチームで、彼の役割は人助けが中心です。

ほとんど戦ってないですね、走って人を救出か仲間のサポートに徹していました。

物足りない感じもしますが、よく考えるとヒーロー達でも役割分担は必要で、こういうキャラもいてもいいかなと感じました。

おちゃらけキャラで戦闘経験ないけれど、チームの中には必要で絶妙にバランスを保っている、キャラ的にはバッチリです。

フラッシュはテレビドラマではシーズン1だけ見ていましたが、テレビとは俳優も違いどうなるかと思っていたけど、テレビと映画は全くの別物でした。

その辺は切り離してみる必要があります。

 

残念なシーン

・フラッシュの走り方

残念なのはフラッシュの走り方がダサかったことです。

高速で走っているのですが、走り方があまり早そうに見えない、見ていて思わず笑ってしまう映像ですね。

車に乗り込んでいる人を車を押して助けるシーンも残念ですね。

高速で車を押して助けるのですが、荷台にも子供が乗っているのでちょっと無理があるんじゃないかと思ってしまい、少し残念でした。

 

・ステッペンウルフが弱すぎる

敵であるステッペンウルフが弱すぎです。

話しの中で前回の侵略の時はヒーローや神々が結束して地球を守ったエピソードが語られていたが、今回は超人達のみ。

前回の戦力と比べると弱いはずなのに結果はスーパーマン一人でも十分戦える状況で、ステッペンウルフの弱さだけが目立ってしまった。

ステッペンウルフもフルCGだと思うがそれにも違和感があった。

まだまだ改善の余地はあります。

 

心に残る名シーン

・バットマンの苦悩

超人たちの中で一人だけ普通の人間なのバットマンだけです。

ケガをして苦しんでいる様子が見れるのもバットマンだけ、正義のために戦っているが人間としての苦悩も隠さず表現しているところも、人間臭いバットマンが見れて、その辺はすごくリアリティーがあっていい場面です。

バットマン役のベン・アフレックの演技もよかったです、バットマンのスーツを脱ぐと必ずしも強いヒーロー像ではない人間を演じているところはさすがです。

次回作はバットマン役を降りるという話題も出ていることから、私としては次回も是非続投してほしいですね。

 

まとめ

「ジャスティス・リーグ」はDC映画初心者でも十分楽しめる仕上がりになっています。

私自身食わず嫌いだけだったのかもしれません、見てみると想像以上に面白さが詰まったエンターテイメント作品でした。

DC映画もマーベル映画同様、「DCエクステンデッド・ユニバース」という形でキャラクターが同じ世界観を共有しています。

作品も今後2020年まで5作品が決まっているので、また、楽しみが増えそうです。

DC映画と何かと比べられるマーベル映画についての記事も全作品書いてますので、興味のある方は是非読んでみて下さい。

関連記事⇒マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは何なのか解説。フェイズ4の情報も随時更新中。

 

DC作品はAmazonプライム・ビデオでも見ることができます。

会員登録後は30日間無料でお試しできるなど、特典がいっぱい。

↓ここから申し込めます。

http://www.amazon.co.jp/gp/video/primesignup

 

おまけ

ジャスティス・リーグでもエンドロール後に流れるおまけ映像がありました、次につながる伏線かどうかはまだわかりませんが、たぶん伏線のはずですからエンドロールが終った後でも気が抜けません。

今回はおまけ映像は2つありました。

・フラッシュとスーパーマンの競争

フラッシュがスーパーマンに頼んで実現したらしく、どちらが早いか競争をする場面です。

フラッシュは勝ったらみんなに自慢していいかスーパーマンに確認していました。

スタートしたところで映像が終るのですが、このシーンはなんか見たことあるぞと思ってしまった。

テレビ版フラッシュの映像をユーチューブで見た時、フラッシュとスーパーガールが同じことしていたなと思い出しました。

これはそのパロディだったのかはわかりませんが、状況は同じでした。

 

・デスストロークの登場

もう一つは海上に浮かぶ船の上で悪人同士が手を組む映像、DC映画はほとんど知らないためどんなキャラかはわかりませんが、調べてみるとデスストロークらしい。

ジャスティス・リーグの第2弾はまだ決まっていないので、違うDC作品に出るのか不明ですが、DCファンにとっては期待を膨らませる映像です。

「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」が今回の作品に繋がる映画です。

DC映画を知るうえで重要な作品なので、まだ見ていない方はチェックです。

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村