この記事を読むのに必要な時間は約 19 分です。

マーベル 映画 マイティ・ソー/バトルロイヤル 感想

アスガルド最大の危機!リベンジャーズVS死の女神ヘラの対決を見逃すな!

 

マイティ・ソー/バトルロイヤル

原題 THOR RAGNAROK

ネタバレもありますので注意して読んで下さい。

 

あらすじ

『アベンジャーズ』の一員であるソーを、クリス・ヘムズワースが演じたアクションシリーズの第3弾。ソーのハンマーを破壊するほどの力を持つ敵が登場し、宇宙の果ての星でとらわれの身となったソーが戦う姿を活写する。クリスやロキ役のトム・ヒドルストンに加え、ヘラ役で『ブルージャスミン』などのケイト・ブランシェットが出演。『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』などのタイカ・ワイティティが監督を務める。

アベンジャーズのメンバーであるソー(クリス・ヘムズワース)の前に、邪悪な敵ヘラ(ケイト・ブランシェット)が出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。

 

マイティ・ソー/バトルロイヤル」-シネマトゥデイ-より引用

監督 タイカ・ワイティティ 

日本公開 2017年11月3日

 

感想

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、第17弾にあたる作品。

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」から2年後、ソーの新たな戦いを描き、新境地を開いた作品です。

内容は、復活した死の女神ヘラがアスガルドを侵略。

ソーとロキはヘラによって辺境の惑星サカールに飛ばされてしまう。

サカールで捕らわれの身となり、惑星の統治者、グランドマスターの主催する格闘大会に出場することになったソー。

その惑星で一番強いチャンピオンと戦う羽目に、しかし、チャンピオンとして登場したのはかつてアベンジャーズで共に戦ったハルクであった。

バトルに次ぐバトル、終始戦いが展開されるアクションシーン満載の作品に興奮しっぱなしで見られ、単純に楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。

また、アクションシーンの他に、笑えるシーンも所々に入っていて、今でのマイティ・ソーの流れを受け継ぎつつさらにスケールアップされた感じで、見ていても全然飽きない仕上がりです。

今までのソーの作品はアスガルドの少しお堅い場面と、恋人ジェーンとのやり取りも描いた恋愛の部分のあり、多くのことを詰め込みすぎのため作品の軸があいまいになっていたところがありました。

しかし、今回の作品の大部分はアクションと笑いの2つの部分が軸になり物語が展開されたため、非常にわかりやすく爽快感満点の仕上がりです。

マーベル映画が好きな方であれば、絶対に期待を裏切らない出来なので、確実に見ておくことをお薦めします。

MCUのフェイズ3の作品では今のところ一番面白い作品だと思うので、2018年公開予定の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を楽しみにしている方は確実にチェックしておいてください。

また、私自身マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品を見ていく中で、MCUをみる前提の考え方をぜひとも伝えたいのでお話しします。

今回の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」はマイティ・ソーの3作目です、でも、その前の前提としてMCUの17話目である、ということを先に考えて下さい。

一番最初にMCUがあって、その次にマイティ・ソーがある、ということ。

なので、今回の作品を最大限に楽しみたければ、今までの作品を一度は見ておく必要があります。

MCUの作品は奥が深く、映画の見方自体も大きく変わっていて、様々な作品に伏線が引かれています。

それらの伏線を知り、今回の作品を見ることで、映画を見る視点も変わり、数倍も楽しんだ見方ができるはずです。

この映画をきっかけに、さらにMCUの世界を楽しんでいただければ幸いです。

 

見どころは?

・ムスペルヘイムの王スルトとの闘い

オープニングからソーの強さがさく裂します。

ラグナロクの悪夢を見ていたソーはその原因を探るべく、ムスペルヘイムに潜入し、その王スルトに捕らえられた振りをします。

王からラグナロクの計画を知らされたソーはそれを阻止すべくハンマーを呼び寄せ戦いを開始する。

最初から見ごたえありのシーン満載で鳥肌が立つほど興奮します。

特にBGMのチョイスが最高にハマっていて感動です。

本編ではここぞ、というときにLed Zeppelinのlmmigrant Song(移民の歌)が流れ、迫力ある映像をさらにまくしたてます。

ムジョルニアを使ったアクション満載の映像は永久保存版です。

 

・死の女神ヘラとの最後の闘い

ヘラに一度は敗れれたソーはリベンジャーズを結成し再戦に挑みます。

ヘラに大ダメージを受けながらも懸命に戦うソーは今までムジョルニアが存在していた意味を知り、ついに雷神として覚醒します。

マンガではよくある追い詰められて覚醒→ステージが1段上がって強くなる、は定番ですが、それがわかっていてもカッコいい。

無敵を誇るヘラにどう対抗するのか、結果的にアスガルドはどうなってしまうのか、マイティ・ソーの完結編にふさわしい内容になっているので、結果は自分の目で確認してみてください。

 

笑えるシーン

・ソー、髪を切られる

惑星サカールで捕らわれの身となったソーは格闘大会に出るため準備をするのですが、そのなかで髪を切られる。

よっぽど髪を切られたくなかったのかソーは、「髪だけは切らないでー」と震えながら必死にお願いします、があっけなく切られてしまいます。

大爆笑ではないですが、このシーンは完全にコントですね。

ソーの目がもう笑っているのでコテコテのシーンです、そんなお約束のシーンが所々に散りばめられているので、それを見ているだけでも飽きません。

 

・ハルクのボール遊び

ハルクとの闘技場での戦いが終わり、気が付けば同じ部屋に入れられていたソー。

ハルクは風呂に入っていて、ソーはハルクの「ビッグハルク」を見てしまって「目に焼き付いたー」という下ネタもありつつ話は進みます。

2年間ハルクになりっぱなしだったため、話せるようになっているハルクとソーは会話するが、暇を持て余したハルクはボール遊びを始めます。

壁にボールをぶつけて遊んでいる様子は、子供みたいな感じでハルクのおちゃめな一面が垣間見れます。

話している内容からハルクの知能は子供並みなので、単純に笑えます。

 

 

残念なシーン

・ウォーリアーズスリーの死

ヘラのアスガルド侵入によりウォーリアーズスリーが倒されてしまいます。

しかも瞬殺です。

浅野忠信が演じるホーガンがわずかに戦っただけで、あとは活躍する場面さえなく消えていくのは非常に残念でした。

一つ気になったのはいつもウォーリアーズスリーと共にいた、女戦士シフがいなかったことです。

さすがにシフはアスガルドの戦士に紛れて死んでいた、という設定はないと思うので、別の任務でほかの惑星に行っていた、というのがしっくりくるのではないでしょうか。

シフはマーベルのTVドラマ、エージェント・オブ・シールドにも出ていてコールソン達とも顔なじみのはずだから、もしかしたら地球にいるとか、想像は膨らみます。

MCUで今後の消息が知りたいところです。

 

・予告編との違い

スパイダーマン/ホームカミングのときもそうだったけど、予告編と本編に多少の違いがあります。

ソーのハンマーが砕けるシーンは最初の予告編のときは裏路地のようなところでしたが、本編では草原で破壊されているので場所が全然違います。

また、ヘイルダムが持ち去ったビフレストに突き刺して使う剣も少し違っていました。

予告編では、剣で切ると切り口が緑に溶けたような感じで表現されていたのに対し、本編では普通に切るだけの剣として描かれていて、最初の予告編は何を意図していたのか、不思議な感じです。

最近のMCUの傾向として予告編が半年くらい前に公開されるので、編集段階で設定が変わるのでしょうか。

いづれにしてもファンとしては興味深く、予告編も細かく見ることで違った楽しみも味わえます。

  

心に残る名シーン

・ソー、雷神の目覚め

ハルクと闘技場で戦っているときにも雷神への覚醒の片鱗を見せますが、ヘラとの戦いで追い詰められたソーは一気に覚醒し、雷神が持つ本来に力に目覚めます。

また、ソーの父オーディンの魂との会話の中で、ムジョルニアの存在していた本当の意味を知ります。

ソーはムジョルニアがないと力が出せないとオーディンに訴えます。

それに対しオーディンは、ムジョルニアはソーを強くするためではなく、ソーの力を抑えるための物だったと明かします。

それで吹っ切れたソーは一気に覚醒、ヘラを追い詰めます。

覚醒したソーはヘラを倒すことはできるのか、ラグナロクの真実とは、最後はとんでもない展開が待っているので、さすがはマーベルだなと、予想外の展開に感動しました。

 

伏線となる作品

本編を見る前に、伏線となる作品を見ておくとストーリーにも違和感なく入っていけると思うので、紹介しておきます。

また、本編はエンドクレジットあとの、おまけの映像もすべて見ないと繋がらないので、映画館で見たけれど最後まで見ないで帰ってしまった方は、きちんとエンドロール後までチェックしましょう。

 

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

ロキがいかにしてアスガルドのオーディンに成りすましていたのか。

今回あっけなくやられてしまったウォーリアーズスリーの活躍ぶり。

恋人ジェーンとの関係をおさらいする意味でも見る価値あります。

 

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

惑星サカールにあったクインジェットの意味。

ハルクがバナーに戻るキッカケとなった、ナターシャ・ロマノフとの関係。

トニー・スタークの存在感を知る意味でも、もう一度見ておきましょう。

 

ドクター・ストレンジ

ソーとストレンジの繋がりがいかにしてできたのか。

ロキをすぐに捕まえられた理由。

なぜオーディンにすぐに会えたのか、なども魔術の世界を知れば今回の作品も見方が変わります。

それぞれの作品を改めて見ることで、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」への期待も高まるので、楽しみながらチェックしてみて下さい。

 

まとめ

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」は今までのマイティ・ソーシリーズの固定概念を打ち砕き、新たなマイティ・ソーの新境地を切り開いた新感覚の映画です。

シリーズとしては完結編になりますが、アイアンマンと同じく完結しても、キャラクターはMCUの世界で生きているので、ソーはもうしばらくMCUの作品に出演することでしょう。

私はこの作品を見るまで、予告編やサイトでたくさんの情報を見て、面白い作品になるだろうと、相当ハードル上げて見に行きました。

しかし、結果はその高いハードルをさらに上回る面白さを見せつけられ、大満足の作品であると感じました。

私が前々から思っている。「MCUにハズレなし」を実感できたので、自信を持って面白いと紹介できる作品です。

この感動と興奮を映画館で是非味わってみてください。

 

MCUの作品はキャラクターやストーリーが複雑に絡み合い、見ているものを飽きさせません。

一番わかりやすく見るためには公開作品順に見ていくことをお勧めします。

「マイティ・ソー/バトルロイヤル」はMCUでは第17作に当たります。

次の作品、第18作は「ブラックパンサー」ですので、次回作公開まで楽しみに待ちましょう。

 

マーベル作品の各フェーズ

マーベルの作品は各フェーズごとに区切りがついています。

作品数が多くなるにつれて、初めて見る方はどれから見ていいか悩むかもしれませんが、各フェイズごとに見て行けば話も分かり、ストーリーにも付いていけると思うので、以下を参考にしてください。

 

フェイズ1 第1作~第6作

第1作 アイアンマン

第2作 インクレディブル ハルク

第3作 アイアンマン2

第4作 マイティ・ソー

第5作 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

第6作 アベンジャーズ

 

フェイズ2 第7作~第12作

第7作 アイアンマン3

第8作 マイティ・ソー/ダーク・ワールド

第9作 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

第10作 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

第11作 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

第12作 アントマン

 

フェイズ3 第13作~第22作

第13作 シビルウォー/キャプテン・アメリカ

第14作 ドクター・ストレンジ

第15作 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス

第16作 スパイダーマン/ホームカミング

第17作 マイティ・ソー/バトルロイヤル

第18作 ブラックパンサー

第19作 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年4月27日公開予定)

第20作 アントマン&ワスプ(2018年公開予定)

第21作 キャプテン・マーベル(2019年公開予定)

第22作 アベンジャーズパート4(仮タイトル)(2019年公開予定)

以上の順番です。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の全容を知りたい方は。

関連記事⇒マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは何なのか解説。フェイズ4の情報も随時更新中。をご覧ください。

 

マーベル作品はAmazonプライム・ビデオでも見ることができます。

会員登録後は30日間無料でお試しできるなど、特典がいっぱい。

↓ここから申し込めます↓

 

おまけ

マーベルといえば、エンドロール後に流れるおまけ映像が次につながる伏線になっていたりするので、楽しみにしている人は多いはず。

マイティ・ソー/バトルロイヤルでもおまけ映像は2つあります。

 

・ソーとロキ地球へ

アスガルドを離れ宇宙船で地球へと向かうソーとロキ。

地球では嫌われているロキは、地球に行っていいものか心配します。

そんなことを話している宇宙船の背後には超巨大な宇宙船が。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのオープニングに直接つながっているともうわさされる、この映像は何を意味するものなのか。

超巨大な宇宙船には誰が乗っているのか気になる所です。

 

・無事だったグランドマスター

惑星サカールではハルクとソーが引き起こした騒動により、グランドマスターはシェルター?のような場所に避難していたのか、小さい建物の中から出てきます。

後の作品に出てくるかはわかりませんが、グランドマスターは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」に出ていたコレクターの兄なので、もしかしたらガーディアンズの次回作に出る可能性大です。

フェイズ4の情報はこれから出てきますので、今後の予定を期待して待ちましょう。

もう一つおまけです。

本編最初の方にアスガルドでロキを称える観劇をやっているシーンがあります。

ソーとロキに扮した役者が芝居をしているのですが、ロキ役を演じている役者はなんとあの、ハリウッドでは有名なスターがやっています。

クレジットにも名前は出ていないので、ホントの隠れキャラですね。

どうしても気になった方は、やはり本編を見て自分の目で確かめて下さい。

 

関連記事⇒MARVEL 映画 マイティ・ソー/ダーク・ワールド 感想

関連記事⇒MARVEL 映画 アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 感想

関連記事⇒MARVEL 映画 ドクター・ストレンジ 感想

マイティ・ソー/バトルロイヤルを存分に楽しむならMovieNEXのブルーレイ+DVDがおすすめです。

その理由は映画本編では見ることができない「未公開シーン」や「NGシーン」などの特典が入っているからです。

ですので、より深くMCUの世界を体験したいあなたはネットで視聴ではなくブルーレイでの視聴をお薦めします。

私はMCUの作品はすべてブルーレイで見ているので、映画本編だけでない情報が得られていつも満足しています。

↓ブルーレイ+DVDを購入する↓

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村