この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

パワースポット 修復前の榛名神社に行った 感想

大幅な修復が始まる前に趣のある建物の歴史を感じてみよう。

2017年11月頃から榛名神社が大幅に修復されるということなのでその前に行ってみました。

今回の修復は2017年~2025年までの9年計画だそうで、その背景には榛名神社は本格的な修復は百数十年以上されてこなかったため、老朽化が進んでいたようです。

完成は2025年なので相当先です。

この機会を逃さないようにしたかったので。

改修工事が始まる前の趣きのある風景を堪能してきました。

 

アクセス

交通案内

accessmap

公共交通機関(電車・バス)をご利用の場合(行き)

JR高崎駅西口より、群馬バスで本郷経由榛名湖行きに乗車榛名神社前下車、徒歩15分です。駅前発8:30、9:30と各時間ごとに1便です。8:30分発に乗った場合神社前に9:40分に着きます。

神社からの帰り(高崎方面)

各時間毎に40分発です。 ただし15時台のみ高崎行きは25分発で、16:30分頃高崎駅西口着です。

神社からの帰り(伊香保方面)

各時間毎に40分発です。神社から榛名湖へは10分ほどで到着します。伊香保へは榛名湖からバスの乗り換えで行くことが出来ます。

お車

R

榛名神社公式サイトより引用

 

感想

2017年9月19日、10時30分ごろ到着。

平日の天気のいい日だったので、人もいるのかなと思っていたのですが、駐車場も8割方埋まっていたし、人も多くないけどそこそこいました。

駐車場はこんな感じです。

鳥居に向かいながら横の看板を見てみると、本殿まで550m、15分とあります。

往復約1㎞か・・・気合を入れて行きます。

榛名神社は山の谷間を歩いていくような道なので、山あり階段ありと結構ハードです。

なので、運動不足気味の人は、翌日筋肉痛になるかもしれませんね。

本殿にいく途中は三重塔があったり、お土産屋さんもあります。

また、寄贈で建てられた七福神があったりと退屈せずに歩いて行けます。

こんな神秘的な滝もあります。

ぷらぷらと歩いているうちにそろそろ本殿へ、ここから階段が続きます。

結構きつい階段を上り、ついに本殿へ到着。

後ろに巨大な岩がいくつもあり神秘的な光景が広がっていて、パワーを感じずにはいられません。

本殿はよく見ると所々剝がれていたりと風化している箇所が見受けられ、月日の流れを感じます、これも趣きがあっていいのですが、この本殿がどう修復されるのか2025年まで待ちましょう、

非常に楽しみです。

お参りを済ませ少し散策しましたが、階段を上った先にある本殿は少し広い感じになっていて、お守りや御朱印等のお客さんで賑わっていました。

また、本殿の下の方で工事はもうやっているらしく作業している人も見えました。

この光景が見れるのもあとわずかなので十分堪能できてよかったです。

 

パワーを感じたところ

・鳥居を入った瞬間

入り口の鳥居に一礼をしてくぐると何とも言えぬ異世界に入った感じがします。

ひんやりと肌に感じる空気が違います。

私もパワースポット好き、神社仏閣好きなのでいろいろなところに行っていますが、鳥居をくぐって感じる不思議な感覚がある場所はそういくつもありません。

榛名神社は数少ないパワーを頂ける場所なんですかね。

自分が感覚的に思った感想ですので、これから行く方は鳥居の入口を意識して入ってみて下さい。

 

・矢立杉

本殿へ上る途中にある天然記念物の矢立杉もパワーを感じます。

近くで見るとデカい、写真じゃ伝わりにくいですが相当デカいです。

ここからのパワーを感じ取る人が多いのか、皆さんが触った跡があったので私も一緒にご利益を頂きました。

 

まとめ

今年からの大改修を前に行けてよかったし、パワーも感じることができました。

やはり行くのであれば土日の混んでいる時じゃなく、平日の空いている時間を狙っていくのがいいと思います。

ちなみにお参りに行ってきて駐車場に戻ると、まだお昼前でしたが一番近い駐車場は満車、参道沿いの下の駐車場しか開いていませんでした。

平日でも来る人は多いので、午前中早く来ることをお勧めします。

 

おまけ

平成29年7月1日~平成30年1月31日まで上毛三山スタンプラリーというのをやっています。

赤城山、榛名山、妙義山のラリーポイントをめぐりスタンプを集めると、抽選で豪華賞品がゲットできるので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらまで。

関連記事⇒パワースポット赤城神社の感想 自然に恵まれた感動の絶景を体感できた!

関連記事⇒パワースポット妙義神社の感想 山間の大階段の先に歴史を感じる場所があった!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村