この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

目の疲れに効果的な食べ物と栄養素はこれだ!

ブログやアフィリエイトを本業にしているあなた、長時間パソコンやスマホを見ていて、慢性的な疲れ目になっていませんか。

目薬やサプリメントなどで疲れ目対策をしていると思いますが、食べ物については考えて食べているでしょうか?

私も食べ物はきちんと栄養を考えて食べたいと思ってはいますが、ついついコンビニやお菓子などで簡単に済ませがちです。

このままではいかんと思い、疲れ目解消のために、目にいい食べ物と栄養素を調べてみました。

効果的な栄養素と効率よく取れる食べ物に絞って紹介しているので、突っ込みどころはたくさんあると思いますが、大目に見ていただければと思います。

目の疲れは気合だけで乗り切ろうと思っても、なかなか無理が効かないもの。

あなたも、もう一度、目の疲れに効果的な食べ物と栄養素を知ることで、健康的な毎日を過ごせるよう、参考にしてください。

 

目の疲れに効果的な栄養素

目の疲労回復には必要な栄養素をとって、体の中から回復できるようにしていくことが大切です。

日頃、あまり食べていない物に、目のいい成分が入っていることもあります。

これから紹介するのは、目の疲れに効果のある栄養素とその食材です。

無理のない程度に毎日の食事の中に取り入れて、疲れ目の軽減を図りましょう。

 

アントシアニン

アントシアニンが多く入っている食べ物は

ブルーベリー

ビルベリー

アサイーベリー

プルーン

ナス

ブドウ

などが挙げられます。

アントシアニンの効果は眼精疲労、視力改善作用に即効性があることです。

また、眼球内の血流改善、毛様体の働きをよくし、ピント調節機能を活発にします。

アントシアニンには目の働きを手助けする成分である、ロドプシンの再合成を助ける働きがあるので、目の疲れが激しい方は、定期的なアントシアニンの摂取をしたほうがいいでしょう。

 

ビタミンA

ビタミンAが多く入っている食べ物は

レバー

うなぎ

ほたるいか

モロヘイヤ

ニンジン

ブロッコリー

などが挙げられます。

ビタミンAの目に対する効果は、網膜にあるロドプシンを生成するためです。

ロドプシンの主成分はビタミンAですから、目の健康には不可欠です。

目の粘膜を守り、ドライアイを改善する等、疲れ目に有効というわけです。

また、暗いところでも目が見えるよう、光や色を感じる機能を助ける効果があります。

 

DHA

DHAが多く入っている食べ物は。

マグロ

カツオ

ブリ

サバ

サンマ

ハマチ

などが挙げられます。

DHAは青魚やマグロ、カツオなどに豊富に含まれていて、脳の神経細胞を活性化させる効果があると言われています。

それと同時に目にも多くのDHAが必要とされるので、DHA不足は視力低下の原因にもつながってくるわけです。

島国なのに魚を食べる機会が減ってきている日本人にはもったいない話です。

ぜひ、DHAを含む魚を食べて疲れ目改善に役立てて下さい。

 

 

ビタミンB群

レバー

うなぎ

カツオ

マグロ

ピーナッツ

などが挙げられます。

ビタミンB群が不足すると、眼精疲労や目の乾燥、充血が起きやすくなります。

ビタミンB群はビタミンB1、B2、B6、B12が目の疲れに効果があると言われています。

レバーに含まれるビタミンB12は視神経を正常に保ち疲れ目に効果があります。

また、うなぎに多く含まれるビタミンB1は眼精疲労の予防に最適で、目の酷使により痛みを感じるときにも効果があります。

ビタミンB群は水溶性のため、体内に留めておくことができないため、定期的に補給する必要があります。

そのためにはサプリメントなどで摂取することも効果的です。 

 

目の疲れに効果的な食べ物

効果的な栄養素がわかったところで、次は目の疲れに効果的な栄養素を含んだ、おすすめの食べ物を紹介します。

食事に取り入れ、眼精疲労の予防や疲れ目の回復に役立てて下さい。

 

ブルーベリー

ブルーベリーはアントシアニンが豊富に含まれている食品としてお馴染みですね。

疲れ目や眼精疲労の回復などに効果があり、サプリメントなどで手軽に取れることから、疲れ目にはブルーベリーを一番に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

最近は夏の収穫シーズンになると、ブルーベリー狩りをやっているフルーツ園も増えてきていて、新鮮なブルーベリーを食べられる機会が増えています。

また、冷凍のブルーベリーもスーパーやコンビニで安く手に入るため一年中気軽に食べられることも魅力の一つです。

 

レバー

レバーはビタミンA,B群を豊富に含む食品で、目の疲れに効果を発揮する食べ物です。

目の網膜の光を感知する細胞を生成するために必要な栄養にもなっています。

レバーはビタミンの他にも、鉄分や葉酸も含まれているため、疲れ目の効果以外に貧血や疲労回復にも効果があるため、必ず食べておきたい食品の一つです。

また、ビタミンAを多く含んでいるため、過剰摂取により、頭痛や嘔吐の症状が出る場合もあるので注意が必要です。

レバーを食べるのは週1回を基準に食べるのが良いでしょう。

 

カツオ

DHAを含んだ食品で、手軽に食べられるのがカツオです。

DHAは目の網膜に必要な栄養素が入っていたり、脳機能の向上にも役立つことから、頭が良くなる効果が期待できます。

また、カツオはお刺身など、生で食べるのがDHAを取る上では一番いいのですが、魚の缶詰でも手軽にDHAを取ることができるため、家に常時ストックして置きたい食品の一つです。

 

ブロッコリー

ブロッコリーはビタミンAを含む食品です。

目の乾燥を防いだり、目の粘膜を保護する効果があるため、ブロッコリーは欠かせません。

ブロッコリーはビタミンの他に、ミネラルも豊富に含んでいます。

そのため、目の健康以外にも免疫力のアップやがん予防、美容効果なども期待できる、優秀な食べ物です。

サッとゆでるだけで手軽に食べられる点も助かるし、毎日食べられそうです。

 

ピーナッツ

ピーナッツはビタミンB1が豊富な食べ物です。

ビタミンB1は目の筋肉の疲れを和らげる効果があるため、疲れ目にピーナッツは欠かせません。

スーパーやコンビニでも手軽に手に入り、値段も安く購入できるため、コスパ的にも優れた食べ物であることは言うまでもありません。

毎日続けて食べて、目の健康を保ちましょう。

 

まとめ

疲れ目に効果のある栄養素と食べ物を定期的に取ることで、日頃の疲れ目も解消されることと思います。

何事にも過剰に取りすぎたり、良いと言われる物しか食べないなど、偏った食べ方は禁物です。

バランスよく適度に摂取して、長く続けられるような食生活になっていけば、疲れ目に悩まされることもなくなると感じています。

パソコンやスマホ中心の仕事はやめるわけにはいかないので、疲れ目にならないよう食べ物に気を付けて生活しましょう。

不足しがちな栄養素はサプリメントから摂取するのも効果的です。

特にアントシアニンは即効性があるのでお勧めです。




 

関連記事⇒ 目の疲れに効果的な3つのマッサージ法

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村