この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

大黒摩季 2017 Live-STEP!! ~Higher↑↑Higher↑↑中年よ熱くなれ!!Geratest Hits+~ 渋川市民会館 感想 ライブを10倍楽しむ方法も紹介。

 

こんにちはブレイクです。

2017年12月2日、渋川市民会館で行われた、大黒摩季のライブ「2017 Live-STEP!! ~Higher↑↑Higher↑↑中年よ熱くなれ!!Geratest Hits+~」に行ってきました。

地元群馬での開催であり、近くの会場に来るということで、参加してきました。

実はこのツアーは今回は6月に伊勢崎市でやったときも参加しているので、今年は2回目のライブになります。

大黒摩季さんのライブは久しくいっていなかったので、自分にとって今年は2回参加できたので大満足の年ですね。

摩季さんの最後に行ったライブが記憶では2002年が最後だったと思うので、実に15年ぶりのライブになり、懐かしさあり、新曲なども聞けて新鮮さもあり、充実したライブの内容でした。

セットリストなどは載せませんが、これからライブに参加予定の方には存分にライブを楽しめるよう、ポイントなども載せておきます。

ライブの感想では多少のネタバレはありますので、注意して読んでいただければ幸いです。

 

ライブを10倍楽しむ方法

ライブ初心者の方でも楽しめるように、また、このツアーに初めて参加する方のために、ライブを楽しむためのポイントを紹介したいと思います。

このポイントを押さえておけば10倍楽しめるどころか、一生の記念になりますので、是非参考にしていただきたいです。

 

会場へは午後3時までに行こう!

ライブを楽しむためには、ライブの会場へは早めに行った方が良いです。

なぜかというと、ライブの前にツアートラックに、行った会場ごとに星のステッカーを貼り、会場の名前を入れる、というイベント?が毎回行われているからです。

もちろん摩季さん本人も来ます。

 

めちゃくちゃ近くで見れるので、こんな機会はこのツアーでしかないのかなとも思うので、これだけは押さえておいてください。

時間ははっきり決まっていないと思いますが、おおよそ3時頃に始まるようです。

私たちが行った時は2時ごろで、ツアートラックの前には30人くらいはいました、イベントが始まった3時15分ころには人が200人くらいいた感じですね。

なので、摩季さん本人を直接近くで見たい方は早めに行くことをおすすめします。

またその後には摩季さん本人とハイタッチできるので、これは一生の思い出になること間違いなしです。

その場にいれば全員とタッチしてくれるので、ホントにうれしいイベントです。 

係員の指示に従ってスマホ等で指示が出るまで勝手に写真を撮らないなど、ルールを守っていればツアー中はやってくれると思うので、これから参加する方はルールだけは守って楽しく参加しましょう。

イベントが終わった後はツアートラックもゆっくり撮影できます。

 

ペンライトは絶対にほしくなる

ライブ中は会場が一体になるので、ペンライトがほしくなります、当然ライブが始まってからだと間に合わないので、より一層ライブを楽しみたい方は事前にぺンライトを購入しておいた方が良いです。

私もライブ前は必要ないと思っていたのですが、いざライブが始まるとやっぱりほしくなりました。

ここだけでしか使わないのはわかっているのですが、あったほうがより一体感を味わえると感じるので、買うかどうか迷っている方は購入したほうがいいでしょう。

ちなみにペンライトは2,000円で会場で買えます。

当日ファンクラブ入会でバックステージに行けるかも

当日に会場でファンクラブの入会申し込みをすると、抽選で1名にバックステージへの招待が当たります。

私の記憶では会場を出るときにボードが掲げられていて、当日入会の方1名とワンクラブ会員の方5名が当選していたと思います。

ツーショット写真や私物にサインなど贅沢な時を過ごせると思うので、運に賭けてみたい方は当日入会もおすすめです。

 

すぐにメルマガ登録しておこう

ライブではアンコールで「ら・ら・ら」を歌うときに動画を撮影します。

その動画をライブ参加者とファンクラブ会員は見れるので、ファンクラブ入っていない方はメルマガにすぐに登録しておいた方が良いです。

同一メールアドレスからの登録は1回限りです。

登録期間は翌日の10時までなので、忘れたら二度と見れなくなってしまうので、貴重な思い出を見ておきたい方は必ずメルマガ登録しておきましょう。

私は伊勢崎市でのライブの時に登録をし忘れて見れなかったので、今回はきちっと登録しておき、無事に見ることができました。

 

ライブの感想

ライブは懐かしい曲が多く、新曲も少しあって昔からのファンの方は絶対に楽しめるセットリストになっています。

特に印象に残った曲は「Stay with me baby」「ROCKs」「アイデンティティ」の3曲ですね。

 

Stay with me babyは心に染みるバラード曲です。

この曲が一番よかった。

ライブで聞くとすごく映えますね、思わずウルウル来てしまう名曲なのでこれを生で聞けてホント幸せです。

懐かしさに浸って改めて摩季さんの曲を聞き返したいと思いました。

 

ROCKsは女性の強さを歌ったパワフルな曲で、摩季さんのロックな一面が色濃く出ていてこれも名曲です。

やはりロックは生で聞くのが一番です。

拳を突き上げて会場が一体になるのもいいし、何よりカッコいいの一言ですね。

自分は摩季さん=ロックだと思っているので、時代に負けずにロックな曲をもっと聞きたいです。

 

アイデンティティはノリが良くてこれも生で聞いた方が盛り上がる曲ですね。

私の中では、この曲以降少し摩季さんの曲から遠ざかってしまった曲なので、これも思い出深いという意味では好きな曲です。

会場の一体感が味わえる曲でもあります。

ライブ全体の感想としては、MCも面白くて摩季さん個人の仕事のことやプライベートなことも話が聞けて、より身近に感じられました。

歌も初期の頃は多忙で声が相当つぶれていた印象があったのですが、今回のライブは声の調子も昔よりは良くて、よりCDに近い声で歌が聞けたのかな、とも感じました。

サポートメンバーもソロの演奏や間奏でのセッションがイケてて生ならではの雰囲気に大満足です。

あとは、トークでも盛り上げてくれて、笑いに包まれたアットホームな感じがとてもよかったですね。

もう一つはドラムがLUNA SEAの真矢さんだったので、ドラムソロもふんだんにあり、これも少し得した感じがしました。

アンコールも「ら・ら・ら」を歌って会場が一体となり、とても充実した貴重な時間が過ごせ、また来たいと感じさせるライブでした。

 

まとめ

普段テレビで見たり、昔からCDを聞いていたアーティストが小さな町まで来てくれるのはホントにうれしいことですね。

摩季さんは復帰してから各都道府県を全部細かく回ると決めて来年5月までこのツアーを続けています。

こんな身近に憧れのアーティストを感じる機会もそうはないので、このライブツアーは後から振り返れば、ホントに貴重なツアーだったと思うだろうなと、今からそう思っています。

摩季さんのパワー溢れる声とサポートメンバーの演奏、そして会場のお客さんのエネルギーが一体となって感じることができるのは、ライブならではの物です。

ライブを生で体験したことがない方は一度ライブ会場に足を運んでみると、これまでにない経験に感動を覚えることでしょう。

この記事を読んで、会場に足を運んでくれればそれは私にとってもうれしいことだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村