この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

魚沼らーめん雁舎の味噌らーめんは濃厚でおすすめ!

 

越後湯沢駅の駅中にある「CoCoLo湯沢・がんぎどおり」には飲食店やおみやげ屋さんが立ち並び、テレビでも取り上げられていて、観光スポットにもなっている場所です。

そのなかでらーめん店「魚沼らーめんの雁舎」の味噌らーめんがおいしかったので、感想をレポートしたいと思います。

2017年11月7日(火)、清津峡や南魚沼方面へ紅葉を見に行った帰りに立ち寄った先なのですが、紅葉の方もとてもきれいでいい景色が見られたので、記事にしてありますので、興味のある方はどうぞ。

関連記事⇒秋のおすすめドライブ 日本三大峡谷清津峡・越後湯沢方面の感想

 

お店の印象

お店の印象はまだ新しいだけあって、清潔感があり入りやすい印象。

店内もシンプルにテーブルと椅子が並べられていて、席数は64席と広めです。

メニューは味噌らーめんベースのらーめんが多く、麺の種類も通常の麺の他に、80円プラスすると新潟のらーめんらしく魚沼産コシヒカリを使った米粉麺のらーめんも選べます。

あと、変ったところではお酒も有名だけあって、味噌らーめんをベースに酒粕を加えた酒粕らーめんも凄く気になりました。

私は迷った挙句、味噌らーめんの中で地域独自の神楽南蛮を使った辛味噌らーめんに引かれ、「からいすけ味噌ラーメン」を注文。

また、サイドメニューは味噌だれをかけた餃子も気になったので注文しました。

 

食べた感想

からいすけ味噌ラーメンの到着

真ん中に神楽南蛮を使った辛味噌が乗っている味変らーめんですね。

麺を食べる前に、スープを一口。

味噌ベースのスープは濃厚でドロッとしている。

うまい!濃厚で味がしっかりしていて病みつきになりそう。

麺はもっちり麺で濃厚なスープによく絡んでいる。

辛味噌はもったいつけて、半分くらい食べたところで一口づつ食べるときに溶いて食べてみた。

私はラーメンに味変して食べるのが大好きなので、通常よりも辛くなったスープは格別においしく、一心不乱に食べてしまった。

また、一緒に頼んだ餃子も少し甘い味噌だれがいいアクセントになっていて、こちらもうまい。

味噌だれの餃子なんて初めてだったので、意外な組み合わせが楽しめて、注文してよかったです。

美味しすぎて、一気に完食しました。

 

 

おすすめの食べ方

分がやっているおすすめの食べ方を紹介します。

らーめんを食べ終わり、スープを少し残しておきます。

その中に酢を回し入れます、酢を入れ味変したスープはまた違った味が楽しめてうまい。

お好みでライスを入れて雑炊風にしてもうまいので、思い出したらぜひやってみて下さい。

 

まとめ

越後湯沢駅で食べた「からいすけ味噌らーめん」は米どころ新潟の味が詰まったらーめんでした。

濃厚な味噌の香りともっちりの麺はとてもおいしく、ラーメンがますます好きになりました。

ラーメンの食べ歩きなどのグルメブログも楽しいなと思い始めているので、またグルメ記事を書いていこうと思います。

新潟には5大ラーメンといわれるラーメンがあります。

新潟あっさりラーメン

燕三条背脂ラーメン

長岡生姜醤油ラーメン

新潟濃厚味噌ラーメン

三条カレーラーメン

この5つが5大ラーメンです、今度はこのラーメンを制覇し記事を書くことにします、また楽しみが増えました。

今回の記事は新潟へドライブした時に食べたらーめんの記事でした。

新潟への秋のドライブの様子は関連記事にありますので、ぜひこちらもご覧ください。

関連記事⇒秋のおすすめドライブ 日本三大峡谷清津峡・越後湯沢方面の感想

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村